インテリア

暮らしを快適にする便利なインテリア収納の計画のポイント

インテリア収納アイデア

家づくりにおいて収納は、多くの方にとって気になるポイントのひとつでしょう。収納が少なすぎても物が収まらないし、多すぎても部屋にあてるはずの面積が減ってしまいます。

適切な収納計画は、そこに何をどれだけしまうのか、目的を考えることから始まります。とりあえずの収納スペースは、とりあえずの置き場所になってしまい、もったいない使い方です。

必要な物の量を把握し、各場所の収納に収まる分だけ所有してすっきり暮らす。そんな快適な収納の計画について、今回ご紹介します。

目的に合わせた収納計画を

物がすっきりと収まり、必要な時にすぐ見つかり取り出しやすい。そんな理想の収納にするために、まずは家族の荷物の量や種類を把握しましょう。

そして各部屋の目的と動線を確認します。物を使う部屋ごとに収納する以外に、ファミリークローゼットのように物を一か所に集中して収納するのもひとつの方法です。

出典:南海プライウッド

 

収納として必要なスペースは、家全体の面積の10〜15%と言われます。もちろん家族それぞれによって違いはありますが、適切な量を適切な場所に収納できるよう工夫したいものです。

アウトドア用品が多いなら、靴のまま出入りできる玄関収納を多めに取る。家族の人数が多く食料品をまとめ買いするなら、キッチンにパントリーを設ける。ファッションに関心が高く衣類が多いなら、クローゼットには大きなスペースを確保する。家族のライフスタイルによって、収納の計画はさまざま考えられます。

出典:南海プライウッド

 

お客様も使う場所は、あえてオープンな棚や見せる収納にするのも効果的です。インテリアを楽しみ、美しく場を保つきっかけになります。

 

収納の工夫で住まいを快適に

物がどこにあるのかわからない

物が行方不明になってしまうのは、物と収納の場所がちぐはぐで関連がないことが原因です。物を探す時間がムダになる上、ストレスも感じてしまいます。物を使う場所の近くに収納すること、見つけやすく取り出しやすいように分類することが必要です。

 

固定棚と可動棚

収納にしまう物がすでに決まっている場合は、固定棚がすっきりします。固定棚とは、棚本体と棚板を直接固定するため、後から動かすことはできません。その分、強度があるのがメリットです。

これに対して可動棚は、棚本体にレールや穴を設け、棚板を固定せず高さを調節できるしくみになっています。収納する物が決まっていない場合や、変わる場合に便利です。棚板が直接固定されていないため、耐荷重には注意が必要です。

 

出典:WOODONE

 

ファミリークローゼットという選択

家族全員の衣類や共有の物を一か所にまとめてしまう大きな収納スペースです。

各個室の収納を最小限にすることができ、広く使えて散らかりにくくなります。家全体の衣類や荷物の量、種類をひと目で把握し、増えすぎないように管理できるメリットもあります。

寝室や子供部屋、洗面脱衣など、各場所からの動線上に設けると便利です。

出典:タグル住まい

 

収納にもうひと工夫

収納にあると意外に便利なのがコンセントです。掃除機の充電やインターネットのルーター設置など、電源を要する物が収納に保管できます。部屋では配線をあまり見せたくない場合もおすすめです。

コンセントを何に利用するかによって、その位置を決められたら、さらに使い勝手が良くなります。他の荷物でコンセントがふさがらないように気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

場所別に見る収納計画

リビング

テレビまわりに大容量のシステム収納を設けたり、オープン棚に小物や書籍などを見せて収納すると部屋全体がすっきりと片付きます。家の顔とも言えるリビングは、なるべく物が増えないのが理想的。掃除用具や日用品は、水まわりや廊下などリビング以外の収納スペースにしまうのがおすすめです。

出典:Panasonic

 

キッチン

吊り戸棚の上段は特に高い場所にあり、手が届きにくく奥まで見えないことがほとんどです。普段あまり使わない物をしまうのに向いています。例えば、かき氷器やおせち重箱といった季節用品などです。下段は上段より手が届きやすいため、調味料や食器・調理器類、はかりなど、よく使う物をしまうと便利です。

また、吊り戸棚には、あまり重いものをしまったり、無理に重ねて不安定に置いたりすると、取り出すときに落下する危険があります。取手付の収納かごで仕分けしたり、戸棚下に吊り下げるラックを活用したりするのも方法のひとつです。

重いもの、大きなものや普段使いの調理器具はキッチン下の収納にしまいましょう。

出典:グランディリフォーム

 

各個室

最近ではオープン収納として、パイプハンガーを通しただけのシンプルなタイプが増えています。扉を付けない収納は一見、雑然としてしまいそうなイメージがありますが、見えていることが逆に整理整頓をうながす効果があります。

パイプ下のスペースには衣装ケースやお気に入りのキャビネットを置いたり、大きな物をしまったり、自由に使えるのが魅力です。将来的に部屋を使う人や使い方が変化しても適応できます。

収納が折れ戸のクローゼットの場合、両端は物を取り出しにくくデッドスペースが生じます。オープン収納はこのデメリットを解消し、工事費用も少なくなるためおすすめです。

出典:南海プライウッド

 

水まわり

トイレや洗面、洗濯機まわりなど、湿気が多くなりがちな場所のため、換気や風通しを良くして清潔に保ちましょう。

タオルやかご、ボトルなどにこだわって見せる収納にするのもおしゃれです。物の色合いや種類をそろえたり、観葉植物をあしらったりすると、インテリアとしても豊かな空間になります。

お客様も使うことがあるので、ホテルやショップのように演出して、生活感をあまり出さないようにするのがおすすめです。

出典:南海プライウッド

 

まとめ

新築やリフォームをする時は、物を減らすチャンスでもあります。現在持っている物は本当に必要なのか見直し、収納に収まりきれない場合は、使わない物や古くなった物を思いきって処分することも、快適な新生活への第一歩です。

新居で新たに購入した物が増える可能性もあります。収納スペースは満杯にするより少し空けておく位の方が、ゆとりある暮らしができるのではないでしょうか。

現在の住まいの不便や不満を解消し、新居で理想のライフスタイルを実現するために、適切な収納計画を考えていきましょう。