インテリア

インテリアを豊かに演出する照明の選び方

インテリアを豊かに演出する照明の選び方

インテリアのコーディネートは、壁紙カーテン家具で決まると思っていませんか?実はもうひとつ、お部屋のイメージを大きく左右する重要なポイントがあります。それが照明です。

一般的にあまり意識されなかったり、むずかしいと思われがちな照明ですが、その選び方次第で空間はぐっとおしゃれな雰囲気になります

今回はインテリアをより豊かに引き立てる照明の選び方を、くわしくご説明していきます。

照明の基本

インテリアの照明を選ぶ上で参考になる基本知識を、まず最初にご説明します。

 

LEDと蛍光灯の違い

LEDの寿命は約40,000時間長く交換がほぼ必要ありません

また消費電力が少なく、省エネと言えます。

明るさや色合いを調節できるものもあり、発熱性が低く虫がつきにくいという特徴もあります。

蛍光灯の寿命は約6,000〜15,000時間と言われ、LEDより消費電力が高いです。

LEDが高価だったのは以前の話現在は費用対効果が高くなっていますこれから新築をする、またはリフォームなどで照明を取り替える場合は、LEDを選ぶことをおすすめします。

 

大切なのは、まぶしすぎないこと

どんな目的で使われる部屋なのかかなど、シーンによって必要な明るさは異なります

複数の照明を組み合わせて、機能的にも快適な空間をつくりましょう。

安全な日常生活のために明るさは必要ですが、光がまぶしすぎると逆に不快に感じてしまいます

照明を選ぶときに大切なのは、明るい部分暗い部分メリハリです。陰があるから光が引き立ち、部屋に奥行きと表情が生まれます

 

演色性とは

自然光のもとでの色の見え方です。演色性が高いほど、照明をあてた物の色が実際の色に近く認識できます。

出典:DAIKO

 

 

色温度

  • 電球色

あたたかみを感じるオレンジがかった照明です。落ち着きがありリラックスできる色合いで、リビング寝室おすすめです。

  • 昼白色

昼間の太陽光のような自然な色合いです。すっきりとして、勉強仕事など明るさを必要とする空間にも向いています。

 

全体照明と部分照明

全体照明とは部屋全体を明るくする照明で、ダウンライトやシーリングライト、シャンデリアなどです。

部分照明は、全般照明の明るさを補う照明です。ペンダントやスタンド、ブラケット、スポットライトなどがあります。

全体照明を少し暗めに設定して部分照明をあしらうと、明るさのメリハリや深みが出て、雰囲気のある空間になります。

 

照明器具の種類

照明器具は形も明るさもさまざまです。それぞれの特徴をご紹介していきます。

ダウンライト

出典:KOIZUMI

天井などに埋め込んで、その下を明るくする照明です。シンプルな空間になります。最近の新築では、シーリングライトよりダウンライトが選ばれることが多くなってきました。どんなインテリアのテイストにもコーディネートしやすい照明です。

 

 

シーリングライト

出典:Panasonic

天井に付けて部屋全体の明るさを確保する照明です。部屋の中央の天井に設置することが多く、最も明るい照明器具のひとつです。

 

 

ペンダント

出典:KOIZUMI

コードやチェーンで天井から吊り下げる照明です。キッチンや吹き抜けなど、部分的に明るくする目的で主に使われ、デザインや大きさも豊富です。インテリアのアクセントとして効果的な照明です。

 

シャンデリア

出典:ODELIC

天井から吊り下げる多灯の照明です。十分な明るさがとれ、豪華なイメージになります。

 

スポンサーリンク

ブラケット

出典:Panasonic

壁に付ける照明です。玄関や階段、ベッドサイドなどに用いられ、インテリアのデザイン性を高めます。

 

 

スタンド

出典:KOIZUMI

床に置く照明です。リビングには背の高いもの、和室には直置きのような背の低いものがよく選ばれます。読書など局部的に必要な明かりとしても便利です。

 

 

間接照明(建築化照明)

出典:KOIZUMI

壁や天井を明るくして部屋の雰囲気を高める照明です。明るさを調節できる調光機能を付けると、夜リビングで語らう時や、就寝前の寝室など、部屋を暗めにしてリラックスすることができます。主に部分照明として使われますが、間接照明だけで過ごすと、よりくつろぎ感を増すこともできます。

 

 

部屋別おすすめ照明選び

 

玄関・ポーチ

出典:Panasonic

センサータイプの照明を選ぶと省エネで防犯対策にもなり、荷物を持って帰宅した場合も便利です。LEDは虫がつきにくい長所もあります。

 

 

リビング・ダイニング

出典:Panasonic

家族のだんらんとくつろぎの場であるため、あたたかみのある電球色が多く選ばれます。シンプルなダウンライトを基本に、間接照明やスタンドライトなどで演出を加えるのがおすすめです。食事や読書、勉強など多目的に使われる部屋であり、絵画や観葉植物を飾ったりもします。照明を工夫して快適な空間にしましょう。

 

 

キッチン

出典:KOIZUMI

調理のために手元を明るく照らす必要があります。昼白色や温白色の照明にすると、食材が自然な色合いに見えます。LEDなら虫がつきにくいのも良いところです。

 

 

和室

出典:KOIZUMI

電球色や低い位置の照明は、和のくつろぎをアップします。畳の上にスタンドを置くのもおすすめです。純和風の照明器具だけでなく、スタイリッシュなデザインやダウンライトを使えば和モダンな空間になり、他の部屋とバランスが取りやすくなります。

一般的に高齢者は若い人よりも空間を暗く感じるため、少し明るめの照明を選ぶと、安全で生活しやすくなります。明るさの好みとあわせて調節するといいでしょう。

 

 

寝室

出典:KOIZUMI

落ち着いて眠れるよう、少し暗めの演出でも良い場所です。心が落ち着きリラックスできる電球色が向いています。ダウンライトとフロアスタンドなどの部分照明を組み合わせたり、間接照明で雰囲気を出したりするのがおすすめです。明るさを調節できる照明なら、より便利です。

 

 

子ども部屋

出典:KOIZUMI

勉強や読書をするため、明るさが必要です。空間の演出より機能性をメインにして照明を選ぶのがおすすめです。活動的になれる昼白色も向いています。ダウンライトなどシンプルな照明を選んでおくと、いずれお子様が独立して部屋の使い方が変わる場合にも対応できます。

 

 

まとめ

好きなテイストに合わせて照明器具のデザインを選んだり、くつろぎや勉強など部屋の目的に合わせて明るさを選んだりと、照明は奥が深くて楽しいものです。組み合わせ次第で部屋のイメージもがらりと変わります。

色や明るさの違い、照明器具の種類をふまえて、効果的な照明選びをしましょう。照明を工夫することで、より快適で表情のあるインテリアを演出することができますよ。