インテリア

リノベーションするなら照明はLEDがおすすめ!!その理由とメリットと注意点を徹底解説

コンビニなどの店舗や大型施設ではもちろん個人宅でも、LED照明が使われるようになっています。

今は従来の白熱灯や蛍光灯を使っているお家でも、リノベーションをする時には、照明をすべてLEDに交換することをおすすめします。

でも、「LEDって価格が高いのでは?」「球切れをした時、かんたんに購入や交換ができるの?」など、さまざまな疑問があるかと思います。

そもそもLED照明ってどのようなものなのか、よく知らないという方も少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、これからリノベーションを行う方へLEDに対する疑問や不安を解消すべく、インテリアコーディネーターの私が、LEDを詳しくご紹介した上で、リノベーションを機にLEDに交換するメリットを今回ご説明します。

【LEDのメリット①】長寿命で省エネ性が高い

LEDの値段は思っているほど高くない

LED照明のメリットのひとつは、寿命が長く省エネ性が高いことです。

そうはいってもLED照明って高いんじゃないのと費用を心配する方も少なくないでしょう。以前に比べてLEDはたいへんお手頃な価格になりました。

照明器具とLED電球を合わせても10,000円しない商品もたくさんあります。天井に埋め込むダウンライトに至っては、3,000円台のものもあります。

 

LEDは電気代が安い

 

また、LEDは電気代を節約することができます。LEDの消費電力は一般的な白熱灯の約1/6以下、蛍光灯の約70%と言われます。

 

LEDは寿命が長い

 

LEDの寿命は約40,000時間です。

仮に一日20時間点灯していても、20年もつ計算になります。

これは白熱灯の約20〜40倍蛍光灯の約3倍にあたると言われる長さです。いかにLEDのランニングコストが高いかがうかがえる数字ですね。

 

LEDを一度取り付ければ、電球切れで交換することはほとんどないと言えます。吹抜けや階段など、天井の高い場所ではランプ交換も大変ですよね。脚立だけでなく業者さんに頼まなければならない場合さえあります。長寿命のLED照明を使えば、そのような心配や手間もなくなります。

 

消費電力が低く長寿命なLEDは、結果としてお得と言えます。

 

【LEDのメリット②】種類が豊富

LED安い

調光・調色ができる

LEDには、調光と言って、ひとつの電球で明るさを調節できるものがあります。

 

また、調色と言って、白熱電球のようなオレンジがかった色から、蛍光灯のような白色に、色みを調節できる機能を持つものもあります。

 

例えば、家族でくつろぎたいリビングには白熱灯のようなあたたかい色、仕事や勉強の部屋には蛍光灯のように白い色など、好みやシーンによって使い分けることができます。

他にも昼間の自然光のような色や、食材を美味しく見せてくれる色などもありますよ。

これらはいずれも、従来の電球や蛍光灯にはない特徴です。

 

すぐに明るさを確保

センサータイプのLEDも多いので、玄関や外灯、通路などに便利です。消し忘れも心配する必要がありません。

スイッチタイプでも、LEDはすぐに明るくなるのがいいところです。

スポンサーリンク

他にもまだある、バラエティ豊かなLEDのメリット

LEDはデザイン性が高い

LEDは従来の電球より一般的に小型です。

 

デザイン性が高いと言えます。天井に埋め込むダウンライトや間接照明など、LEDを使うと空間がスタイリッシュになります。

 

リノベーションをしておしゃれになった部屋に、LED照明の演出を加えてさらに豊かな空間となるのです。

 

LEDを使って安心の特徴

LEDは発熱性が低いため、白熱電球のように表面が熱くならず、近くのものが変色したり劣化したりしてしまう恐れもありません。

虫が寄りにくいというメリットもあります。玄関やエクステリアなど、屋外の照明に向いています。

 

環境に優しいLED

また、LEDはCO2削減にも効果があり、家計だけでなく地球にも優しい照明です。

蛍光灯に含まれる水銀のような有害物質を使っていないため、可燃ごみでとして廃棄することもできます。環境を考えたLEDは、これからますます普及していくと思われます。

 

LEDに交換する上で注意したい2つの点

一体型の照明器具を選ぶ

従来の電球をLED に交換するだけでは、最大限のメリットは得られません

 

既存の照明器具で電球のみをLEDに交換するより照明器具とLEDランプが一体型であるものに丸ごと交換した方が、消費電力が低くなります。

 

また、一体型タイプはそもそもLEDに合わせた仕様になっているため、 デザインもすっきりしていたり、LEDの明るさや光の広がりが最適になったりと、高いパフォーマンスを発揮します。

 

照明器具も消耗する

電球だけでなく照明器具本体も消耗します。

 

一般的な照明器具は約10年で交換時期、長くても15年と言われます。

 

リノベーションで従来の電球や蛍光灯からLED照明に交換する時は、照明器具ごとLED電球一体型に交換することをおすすめします。ランニングコストが低くなり、長い目で見てお得になります。

 

まとめ

 

このように、リノベーションをきっかけとして、従来の照明からLED照明に交換するメリットはたくさんあります。

  • 照明の種類や明るさ、色みが豊富で、好みに合わせてお部屋をおしゃれに演出できること。
  • 省エネ効果が高く電気代が節約できて、長期的に見てお得であること。
  • 環境にも優しいこと。

良いことづくめといえます。

 

照明の交換は、専門業者に頼む必要があることもしばしば。

ひとつひとつの照明をLEDに交換するのは手間がかかりますが、リノベーションで内装工事をする機会に一緒に交換すれば、効率が良く、余計な費用がかかるのも抑えることができます。

リノベーションをする時は、照明をすべてLEDに交換して、より豊かな暮らしを満喫することをおすすめします。