不動産売却

【不動産買取のメリット】買取と仲介との違いは!?買取は損なのか?

不動産の売却方法には大きく分けると「買取」と「仲介」が存在します。

基本的には、買取には買取のメリット・デメリットが存在しますし、仲介には仲介のメリットがあるわけです。

不動産(家やマンション等を)売却する際には、あなたの望む条件によって使い分けると希望通りに売却しやすくなります。

これから、大切な不動産の売却を満足のいくものに変えるためにも是非参考にしてみてください。

これを読めばわかること
  • 不動産買取のメリットデメリット
  • 不動産仲介での売却のメリットデメリット
  • 買取・仲介で知っておくべき使い分け方

また、記事の途中では、買取価格が仲介と比べ低くなってしまう理由についてもご紹介しています。

 

それでは、さっそく買取のメリットから紹介していきます。

不動産買取のメリット

買取メリット
  • 買取金額に納得できればすぐに売却が可能(即現金化が可能)
  • 仲介手数料はかからない
  • 購入希望者の内覧の手間を省ける
  • 近隣住民に知られることなく売却が可能
  • 不動産会社にもよるが瑕疵担保責任に問われることはない(業者責任を移せるため)
  • 納得できる買取金額であれば、売却時期・金額がはっきりするのでそのあとの資金計画が立てやすくなる

これが、基本的な不動産買取のメリットになります。

買取の最大のメリットは、なんといっても「すぐに売却が可能」だということ。

 

急な転勤などの事情で戻ってくることがない方などは、すぐにでも売却したいという人もいたりすると思いますが、早く売却したい方には非常におすすめの売却方法といえます。

 

しかし、そんな「すぐに売却可能」というメリットを持つ「不動産買取」にも、もちろんデメリットは存在します。

 

以下で不動産買取のデメリットを紹介しているのでチェックしてみましょう。

不動産買取のデメリット

悪い口コミ
買取のデメリット
  • 通常の売却の80%悪いところだと70%でしか売却できない

:3000万円の物件であれば80%の場合「2400万円」70%は「2100万円」になるという事です。

不動産買取が仲介よりも安くなる理由

買取は仲介を比べかなり安くなるから多くの人は買取選択しない

不動産会社に買取をしてもらう人はそう多くはありません。

それは何度も言っているように仲介で売却するよりも「70~80%」も金額が安くなってしまうためです。

 

その理由が

買取をしている不動産会社は、その物件を次の購入者のためにリフォーム・リノベーションを行い価値をアップさせて再度販売するためです。

  1. 買取希望のお客様から安く不動産を購入
  2. リフォーム・リノベーションを行い価値を付ける
  3. リフォーム費用・利益を乗せた金額で販売する

このような流れで利益を上げるため買取の場合はどうしても安くなってしまうのです。

実際は、買取のお客様からは仲介手数料が取れないので「再販時の価格に上乗せしている」場合もあるでしょう。

 

このような理由があるため、よほどの理由がないかぎり私は

買取」で不動産を売却することはおすすめできません!!

 

次に、不動産仲介のメリットとデメリットについて紹介していきます。

不動産仲介のメリット

仲介のメリット
  • 希望する金額で売却することも可能
  • 買取と比較して高く売却することができる

不動産仲介での最大のメリットはやはり「高く売却できる可能性が高い」という点です。

 

物件にもよりますが、不動産の価値が上がっている地域などで、人気のマンションなどであれば購入した金額で以上で売却なんてことも可能になるのです。

 

売却をそこまで急いでいないというのであれば私は
「不動産仲介での売却」おすすめします!

不動産仲介のデメリット

仲介のデメリット
  • 売却まで基本的に3カ月程度はかかる(物件によってはそれ以上)
  • 住替え・買換えを検討している場合、売却時期・金額の見通しが立たないので今後の資金計画が立てづらい
  • 仲介手数料がかかる
  • 瑕疵担保責任かしたんぽを負う必要がある

不動産仲介のメリットは、買取に比べて高く売却できることなんですが、売却までに時間がかかったりするので、住み替えや買い替えを検討している方にとっては非常に先の見通しが立てづらくなっています。

ただし、そんな方でも安心して相談できるのが

≫≫【野村の仲介】野村不動産アーバンネットの不動産売買での評判
≫≫不動産売却の【住友林業ホームサービス】の利用者からの評判と特徴

などの大手の不動産会社です。

見通しの立てづらい不動産仲介の時でもスムーズに住み替え・買い替えを行えるプランを準備しているのでおすすめです。

 

そして、不動産仲介で一番やっかいな費用が「仲介手数料」です。これはどうしてもかかる費用ですので、仕方ないといえます。(割引できるか交渉してみるのもあり)

瑕疵担保責任とは

売買の目的物に隠れた瑕疵があったとき、売主が買主に対して負う責任をいう(民法570条)。「売主の担保責任」の一形態である。

瑕疵(かし)とは、建物にシロアリがついていたとか、土地が都市計画街路に指定されていたことなどをいう。買主は、善意無過失である限り、契約時にわからなかった瑕疵のために損害を受けたときは、売主に対して賠償請求をすることができる。

また瑕疵のため契約の目的を遂げることができない場合には、契約を解除することができる(同法566条1項)。ただしこれらは、買主が瑕疵を知ったときから1年内にしなければならない(同法570条、566条3項)。

個人間の不動産売買契約の場合は瑕疵担保責任の対象となる範囲や、責任期間などを特約により定めることが多い。

引用:ノムコム

難しい説明はわかりにくいので、簡単に説明すると

売却した物件になにかしらの問題があとから発覚した場合は、買主側は売手側に修理や補修などにかかるお金を請求できる法律です。

ただし、ほとんどの場合、問題があれば3カ月以内にいう縛りを売買契約書などに盛り込んでいます。また、最近では、ホームインスペクションと言われる検査を行って売却する人も増えてきているので、売却の際はホームインスペクションについて調べておいてもいいかもしれませんね。

 

次からは、買取と仲介の上手な使い分け方を解説していきます。

買取と仲介の使い分け方

不動産仲介での売却がおすすめな人はこんな人

こんな人は「仲介」がおすすめ
  • 不動産の売却に特に時期が決まっておらず余裕がある人
  • 少しでも高く売却したいと考えている人
  • 売却中の購入予定者である内覧者が来ても特に不満に感じない人
  • 住宅ローンの残債が残っている人

ちなみに、仲介で売却する際も不動産会社にお願いをすれば、広告やチラシなどを作成せずに売却してもらうことも可能です。

近隣の方に売りに出しているのをだれたくない方もこの仲介を利用して売却することが可能です。

不動産買取で売却がおすすめな人はこんな人

口コミかわいい
買取がおすすめな人はこんな人
  • 転勤などの理由でとにかく早く売却したい人
  • 仲介よりも売却金額が安くなっても問題ない人
  • すぐにでも現金化したい人

ちなみに、住宅ローンなどでマイホームを購入している方で残債が買取で支払えないのであれば、現金化もできませんし、住宅ローンの残債が仲介で売却するよりも多くなってしまうのでおすすめしません。

 

あくまで、住宅ローンが完済していて、すぐにでも売却したい人・現金化したい人にはおすすめできるという事です。

 

仲介と買取の上手な使い分け方

基本的には、特に理由がない限り、私は「仲介」での売却をおすすめします。

そして、最初にこのくらいの時期までに売却できないとなった時は、「買取」を選択するといった使い分け方が一番ベストだといえます。

 

この時に特に注意しておきたいのが「不動産会社の選び方」です。不動産の査定価格を知るには不動産会社に査定の依頼をしなければいけません。

そして、「査定価格」「不動産会社とその担当者」の比較を行い、一番あなたの要望に応えてくれる会社・担当者を選択することが最も重要です。

不動産査定を検討している方は是非こちらの記事もチェックしておきましょう!

 

不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法

 

 

不動産買取は2つの種類に分かれる

「即時買取」

即時買取は、その名の通り「買取」希望がお客様から入った場合に、不動産会社がすぐにその物件を買い取りするものになります。

即時買取の場合は、保証買取よりも買取価格が安くなる傾向があります。

「保証買取」

保証買取は、最初に仲介で不動産の売却をおこない、最初に決めていた一定期間を超えると、売却活動をおこなっていた不動産会社が最初に売出価格として出していた金額で、お客様の物件を買い取るものになります。

売却時期などにある程度余裕がある方などにおすすめの買取パターンだといえます。

 

不動産買取の基本的な流れ

買取の流れは基本的に不動産仲介での売却とそこまで大きく変わりません。

複数の不動産会社に査定の依頼を行い、査定価格を提示してもらい、どの不動産会社に売却活動をおこなってもらうか、買い取ってもらうかの違いです。

買取の流れはこのようになっています。

買取の基本的な流れ
  1. 家の査定を複数の不動産会社に依頼する
  2. 不動産会社から査定価格の提示を受ける
  3. どこに買取してもらうかを決める
  4. 不動産の売却の細かな調整を打ち合わせ
  5. 売買契約を結ぶ
  6. 住宅ローンの残債の決済、そして引渡し

基本的な流れはこのようになっています。

コチラの記事で不動産売却の流れを解説しているので是非参考にしてみてください。

 

不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法

 

【不動産買取のメリット】買取と仲介との違いは!?買取はそんなのか?まとめ

いかがだったでしょうか?

買取と仲介の違いはご理解いただけたでしょうか?

また、買取のメリット・デメリットは知っていただけたでしょうか?

最後に買取のメリットについておさらいしておきましょう!!

買取メリット
  • 買取金額に納得できればすぐに売却が可能(即現金化が可能)
  • 仲介手数料はかからない
  • 購入希望者の内覧の手間を省ける
  • 近隣住民に知られることなく売却が可能
  • 不動産会社にもよるが瑕疵担保責任に問われることはない(業者責任を移せるため)
  • 納得できる買取金額であれば、売却時期・金額がはっきりするのでそのあとの資金計画が立てやすくなる

ですが、もしこの記事を読んでいるあなたが、不動産の売却に時間的余裕があるのであれば

少しでも高く売却できるように、通常の不動産売却である「不動産仲介」をおすすめします。

 

不動産査定の基本的な流れ、少しでも高く売却できる方法については、プロの目線から最善の方法を解説しているこの記事をおすすめします。

≫≫不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法

 

また、こちらの記事もおすすめです。

≫≫【最新完全版】プロが教える不動産一括査定サイト比較ランキング!

 

仮にあなたが土地を持て余しているのであればこちらの記事を参考にしてみてください。

≫≫【知らなきゃ損】プロがおすすめ有効な10の土地活用ランキング

あなたにおすすめの記事