不動産売却

売りやすさはどっち?【一戸建てVSマンション】10年・20年後高く売れるのはコッチ!!

10年後20年後30年後の
一戸建てとマンションの売れやすさを比較!!

買うなら”〇〇〇”ですよ!!

 

住み替え・買換えを検討するかもと思ったら資産価値が高いほうを選ぶとあとあと後悔することも少なくなります!!

 

家を購入前に知っておきたいのが、将来売却することになった時に「一戸建て」と「分譲マンション」は、どっちが高く売れるのか?という事。

 

もちろん、売却するつもりはないという人もいるかもしれませんが、

子供大きくなった
転勤異動転職などをすることになった」
「定年後、田舎で悠々自適に暮らしたい

など住み替え買い替えを検討する方は非常に多くいらっしゃいます。

 

ずっと働いていくうちに、住み替え・買い替えを検討する方もやはり一定数いますので、購入前にどっちが高く売れるのか資産価値が高いほうはどっちなのかだけでも知っておいて損はないと思います。

 

また、次売却する機会が仮にあった場合、すぐに高く売却できる物件であれば精神的にも非常に楽になります。

この記事を読むとわかる事
  • どちらの方が資産価値が落ちづらいのか
  • どっちが売却しやすいのか
  • 戸建てのメリット・デメリット
  • 分譲マンションのメリット・デメリット

あなたが、今後【戸建て】もしくは【分譲マンション】の購入で迷っているなら是非参考にしてください。

 

売りさすさはどっち?一戸建てVS分譲マンション

一戸建てと分譲マンションどっちのほうが売却しやすいのでしょうか。

気になる方は多いと思いますが、立地と売却する金額によって変わってきます。

  • 駅までの距離
  • 利便性
  • 人気のエリアかどうか

簡潔に解説するとこの3つが大きくかかわってきます。

 

東京など5大都市(東京都区部、名古屋、大阪、札幌、福岡)と呼ばれるエリアの人気エリア・中心地の物件であれば、一戸建て・マンション関係なく売却はしやすいといえます。

 

売りやすさとは、その時の時期やタイミングで変わってくるので以外に言えません。

 

ただし、どちらの方が資産価値は高いかというと答えは決まっています。

 

資産価値が高いのは【分譲マンション】です。

ということは

売れやすさという面であえての結論をいうのであれば

結論=分譲マンション!!

 

資産価値が高いのは分譲マンションと言いましたが、資産価値として価値が落ちやすい戸建てと比較して分譲マンションのほうが売却しやすい。

 

分譲マンションの資産価値が下がりづらい理由については最後のほうで紹介しています。

 

詳しくはコチラで築年数が査定価格にどれだけ影響するのか?ということについて紹介しています。

 

不動産査定では耐用年数と築年数は査定価格にどれだけ影響するのか?|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫不動産査定では耐用年数と築年数は査定価格にどれだけ影響するのか?

 

次に一戸建ては資産価値が落ちやすいのかについてお伝えしていきます。

一戸建ての資産価値は落ちやすい

住宅の造りは、物件によって様々です。

しかし、日本では一戸建てを建てる際は基本的に【木造】で建築するのが一般的になります。

 

木造モルタル造の耐用年数=20年
木造合成樹脂造の耐用年数=22年

 

木造住宅の資産価値は、新築で家を建て住んだ直後に一気に価値が下がります。そして、新築時の価値を100%とすると

  • 築年数5年で「約80%に下がり」
  • 築年数10年で「約60%に下がり」
  • 築年数15年で「約40%に下がり」
  • 築年数20年で「約20%に下がり」
  • 築年数22年くらいから「約10%に下がり横ばいになる」

というデータが出ています。

 

一戸建てを仮に売却するとなった場合、築年数が20年を超えているのであれば査定価格(評価)には、基本的には建物の価値が0になることも多く、土地だけの価値を査定価格で出されることになります。

しかし、不動産業界では今新たな動きがあり、一戸建てでも「しっかりとメンテナンス・補修」を行っていれば建物にも価値が付く査定方法に変わりつつあります。

 

ですので、しっかりと将来の売却する可能性も考えてメンテナンス・補修などはしっかりと行っておくことをおすすめします。

 

また最近よく聞くようになった長期優良住宅であれば、築年数が20年30年を超えても建物の価値を評価してもらえるようになる可能性もあります。

 

日本の住宅事情はストック型社会へ

 従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から、「いいものを作って、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅(=長期優良住宅)を普及させるため、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成20年12月5日に成立し、平成21年6月4日に施行されました。

引用:国土交通省より

今までの日本の住宅事情は、特に一戸建ては、古くなったら壊して新しくするという考えが一般的でした。

しかし、海外に目を向けると築年数が古い建物も多く、古くてもしっかりとメンテナンスなどをしていればしっかりと評価されています。

日本は、今後海外のような住宅事情へと転換していくと発表したわけです。

  • これからは古い建物でも長く大切に使える住宅を建築していこう!!

 

長期優良住宅とは

  • 耐震性
    地震に強く、倒壊しにくい安心の家
  • 耐久性能(劣化対策)
    構造や骨組みのしっかりした長く住める家
  • 維持管理・更新の容易性
    メンテナンスの容易な家
  • 住戸面積
    必要な広さが確保された、暮らしやすい家
  • 省エネルギー性
    地球にやさしく、家計にもやさしい家
  • 居住環境
    地域のまちなみと調和した家
  • 維持保全(維持保全管理、住宅履歴情報の整備)
    「住まいの履歴書」付きの、長く快適に住み続けられる家

このような条件を満たした「長期優良住宅」の認定を受けることで

  • 固定資産税の減額期間延長
  • 住宅ローンの減税
  • 不動産取得税の減税

など様々な税制で優遇されるようになります。

 

今後このような「長期優良住宅」が増えることによって、築年数が20年30年・さらには50年経過した後も、海外のように建物に価値が付けられるようになり今までの一戸建てと比較して高く売却することが可能になると考えられています。

スポンサーリンク
 

次に、分譲マンションの資産価値が下がりづらい理由を簡潔にご紹介していきます。

 

分譲マンションは本当に資産価値が下がりづらいのか?

 

このデータを見てもらうと、いかに分譲マンションのほうが戸建てと比較して資産価値が下がりづらいかがお分かりいただけると思います。

出典:東日本レインズより

分譲マンションの新築時の価値を100%とすると

  • 築年数5年で「約90%に下がります
  • 築年数10年で「約80%に下がります
  • 築年数15年で「約70%に下がります
  • 築年数20年で「約60%に下がります
  • 築年数30年で「約40%に下がります

 

一戸建ての場合は築年数が20年を超えると価値はほぼ「0」に近い約10%になっていました。

 

分譲マンションの場合「耐用年数47年のRC構造(鉄筋コンクリート造)」になるため築年数が30年を経過後も資産価値は新築当時と比較しても40%程は残っている状態になっています。

そういう部分ではすごいですよね♪

 

今の日本の査定方法では、耐用年数が長いマンションのほうが資産性が高いという結果になるので、

 

あなたが将来もし売却を前提に考えるのであれば、一戸建て・マンションどちらが売れやすいの?と疑問に感じているなら

 

断然分譲マンションという結果になります!!

 

 

ただし、一戸建てにも分譲マンションにも「メリット・デメリット」というものも、もちろんあります。

ここからは、一戸建てのメリット・デメリット分譲マンションのメリット・デメリットについて紹介していきましょう。

 

一戸建てVSマンションの資産価値の築年数別の推移を比較

ここまで紹介してきた、築年数別の資産価値の推移を比較表で紹介しておきます。

新築時の資産価値を100%とした時の資産価値の下落を表すものです。

出典:東日本レインズより

一戸建て マンション
築年数5年 約80% 約90%
築年数10年 約50% 約80%
築年数15年 約40% 約70%
築年数20年 約20% 約60%
築年数25年 10%程度 約50%
築年数30年 10%程度 約40%

表にすると非常にわかりやすくなりましたね。

 

新築時を100%とすると、

  • 一戸建ての建物の資産価値は30年後は10%になり
  • 分譲マンションの建物の資産価値は30年後は40%もある

結果になりました。

 

一戸建てのメリット

一戸建てを購入する際に決め手となった理由を、一戸建ての購入者の方々が回答しています。

それが以下の一戸建てのメリットとなるものです。

  1. 上下階の騒音に悩まされない
  2. 自分の土地を所有できる
  3. 駐車場代がかからない
  4. 周りの家に気をつかわずに済む
  5. 管理費や修繕積立金がかからない
  6. 立地によっては資産価値が高い場所もある
  7. 注文住宅の場合好きなように建築してもらえる
  8. 家族だけの庭がある
  9. 十分な広さがある
  10. 日当たりが良い

家を建てる場所にもよりますが、このような理由で一戸建てを決めたというデータがSUUMOから出ています。

 

では、一戸建てにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

一戸建てのデメリット

一戸建ての購入者の方々はこんなデメリットを感じています。

  1. 庭の草木の手入れが大変、庭が広いと1日で終わらないことも
  2. 冷暖房代などの光熱費が予想以上にかかる
  3. 旅行など長期間の滞在にする時防犯面で不安
  4. 通りや隣の家からの視線が気になりカーテンを全開できない

 

夏場は、草木がよく伸びるので庭のお手入れが大変なのはよくわかります。

空き巣などが多い地域だと心配ですし、お隣さんの視線が気になってカーテンを全開できないのは私も理解できます笑

 

分譲マンションのメリット

分譲マンションの購入者の方々は、このような理由が決め手となっています。

  1. 防犯カメラ・オートロックなどのセキュリティ面で安心
  2. 利便性が高い地域で暮らすことができる
  3. 管理やメンテナンスが入居者には楽
  4. 最寄りの駅に近い
  5. 立地や面積などが同条件だと一戸建てよりも安い
  6. RC造が基本なので造りがしっかりしている
  7. 日当たりが良い
  8. ゴミ出しが24時間365日だせるのがうれしい
  9. 住替えしやすい
  10. 高層階になると眺望が良い

 

分譲マンションのデメリット

次に、分譲マンション購入者が感じている分譲マンションのデメリットは以下の通りです。

  1. エレベーターが一基しかないと朝の通勤・通学でイライラする
  2. 新聞などをわざわざ一階に取りにいかないといけない
  3. 管理費や修繕積立金などがかかるので月々の負担が重い
  4. 駐車場代がかかるので負担が重い
  5. 管理組合の理事の当番が回ってくると思うと気が重い

これがデメリットだといわれる部分になります。

たしかに、分譲マンションの場合は、購入後も一定の支払いが生じるのでコストと考えると負担は重いですよね。

また、結婚前は戸建てに住んでいた人は購入したマンションの駐車場なのになぜ駐車場代を払わないといけないの?と感じる人も多いようです。

そして、よく聞くのが「管理組合の理事の当番」です。よく面倒くさいと、マンションに住んでいる友人に聞きますし、人間関係の問題ですがお客様から聞いたこともあります。

 

不動産の建物の資産価値は年々下がるものだが例外もある!!

上のグラフでも解説してきましたが、基本的に一戸建て分譲マンション築年数を重ねていくことで資産価値はどんどん下がっていきます。

これは一般的に考えると当たり前のことです。

 

ただし、例外があるのもの事実です。

 

例えば、東京の超人気エリアの分譲マンションであれば「購入価格よりも現在は高い金額で取引されているケースもあります。

 

また、福岡では六本松というエリアが再開発されましたが、そこで販売されたある分譲マンションが分譲価格3500万円~のお部屋が分譲価格以上の値段で現在取引されているというケースもあります。

 

このようなケースは、ある意味人気のエリアの【分譲マンションの特権】といってもいいのではないかなと感じています!

 

分譲マンションは最初の販売価格よりも
高い値段で取引されるケースがある
!!

 

逆に一戸建ては購入価格を上回って売れたという経験はない

分譲マンションであれば、分譲価格を上回って売却できるというケースもあると紹介しましたが、

 

一戸建てが購入価格を上回る価格で売れてプラスになったという話は、今までの経験上ありません!!

 

新築で購入した一戸建ての場合は、良くて「住宅ローンを完済できた!!」という金額で売却することができたというくらいです。

 

ですので、将来売却する可能性もあるかな?と思っているのであれば

  • 5大都市を選択する(東京都区部、名古屋、大阪、福岡、札幌)
  • 利用者数が多い人気の駅の近く
  • 利便性がいい人気のエリア

という点を守り

分譲マンション】を選択することで
高く」「売却しやすい」という結果を得られやすくなります!!

 

一戸建てや分譲マンションを高く売却するコツ

最後に、一戸建てや分譲マンションを高く売却するコツについてお伝えしていきます。

一戸建てや分譲マンションは、最初にも言いましたが

  • 立地
  • 利便性
  • エリア

によって売れやすさは変わってきます。

 

しかし、売却方法によっても高く売れるのか、早く売れるのかは変わってきます。

 

もし、あなたがこれから売却を検討しているのであれば以下の記事をおすすめします。

 

この知識を知っているか知っていないかでは
売却できる価格に最大1000万円以上の売却の価格差が出てくることも!!

 

まずは売却までの基本的な流れ、そして、高く売却するための最短ルートを知りましょう!

 

不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法

 

売却する上で知っておきたい必要書類はコチラになります。スムーズに売却するためにもどんな書類があるといいのか?を知っておきましょう

 

【これで安心】不動産査定の物件別の必要書類と提出するタイミング!|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫【これで安心】不動産査定の物件別の必要書類と提出するタイミング!

 

不動産売却を確実に成功させるためにはチェックシートをつけておく事が重要です!チェックシートをつけることで目に見えて比較することができます。

 

【不動産売却に必須】不動産査定で失敗しないチェックシート項目とは|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫【不動産売却に必須】不動産査定で失敗しないチェックシート項目とは

 

不動産売却が初めての人でも高く売却するためには比較することが大切です。比較するために不動産一括査定サービスの利用をおすすめします!

 

【最新完全版】プロが教える不動産一括査定サイト比較ランキング!|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫【最新完全版】プロが教える不動産一括査定サイト比較ランキング!

 

そして、東京だけの情報しか書いてありませんが東京で資産性が高いマンションが多い路線のランキングについて紹介している記事があります。東京にマンションの購入を検討している人は是非参考に♪

 

将来高く売却できる【資産性の高いマンション】が多い東京の路線・駅12選!!|不動産売却は不動産王.com

 

≫≫将来高く売却できる【資産性の高いマンション】が多い東京の路線・駅12選!!

 

売りやすさはどっち?【一戸建てVSマンション】10年・20年後30年後高く売れるのはコッチ!!まとめ

戸建てと分譲マンションの売りやすさはどっちかご理解いただけたでしょうか?

 

もう一度お伝えしておきますが、10年後20年後30年後に売却を検討しているなら資産性としては間違いなく

分譲マンション】に軍配が上がります!

もちろん、

  • 立地
  • 利便性
  • エリア

も重要な要素にはなりますが、一戸建てで購入時よりも高く売れたという話は私の経験上ありませんので、将来の売却を考えてできるだけ高く売るためにも

【分譲マンション】の選択をおすすめします。

あなたにおすすめの記事