賃貸

【プロ直伝】物件選びで後悔しないためのチェックポイントと失敗談

【プロ直伝】物件選びで後悔しないためのチェックポイントと失敗談

今回は、賃貸の部屋探し(物件選び)をする際に知っておきたいチェックポイントを紹介していきます。

 

物件選びでは、あとあと後悔しない・失敗しないために重要なチェックポイントについて解説します。また、物件選びといっても、大きく分けると一人暮らしやファミリータイプの物件を探している人に分かれると思うのでその点についてもわかりやすく解説していきます。

 

これから物件選び(部屋探し)をされる方に少しでも役立つ情報を紹介していきますので是非参考に。

物件選びでよくある失敗談

 

物件選び(部屋探し)を初めてするという方は毎年多くいると思います。

今回は、そんな方達にも役立つ情報を紹介するために、物件選びのポイントについて紹介していきます。

 

物件選びで気を付けておくべきポイントを知っておくことで後悔・失敗しない部屋を選ぶことができると思うので是非参考にしてもらえたらと思います。

 

ただ、もし失敗したらどうなるのかということをまずはご紹介していきます。

このような失敗を犯さないためにも是非失敗例をよく読んでおいてもらいたいと思います。

 

立地条件だけで選んでしまうと大失敗

物件選びで重要な「立地条件」ですが、立地条件の良しあしでその部屋に満足できるかが変わってくるといっても過言ではありません。

 

しかし、立地条件だけで物件を選んでしまうとあとあと後悔することになってしまいます。

 

例えば、「駅が近い」という条件だけで物件を選んでしまうと、実は夜「大通り沿いだったために酔っ払いがうるさい」「学生が多い街なので夜騒がしい」などゆっくり休むことができないというパターンがあります。

 

物件選びの際は、昼間はどんな感じなのか内覧の際把握できますができれば夜の状況土日どんな感じなのか迄みれると失敗がなくなるはずです。

 

部屋がおしゃれだからここに決めた!!という失敗談

デザイナーズ物件を選んだ場合などによくある失敗談です。

デザイナーズ物件は、ものによってはリフォームした部屋である場合もあり、無理やりリフォームをしているため使い勝手が悪い可能性もあったりします。

 

また、ロフトが気に入ったというだけで部屋を決めてしまうのも正直NGです。

 

私の経験上、ロフトがついている部屋に住んでいる大半の方が、最初は利用していたがだんだん使いづらいことに気づき使わなくなるパターンが多いです。w

 

ですので、コンセントの位置・テレビの配線位置など使い勝手良いのかという事をよく見ることが大切です。

 

部屋を内覧する時はココにソファを置いて・テレビはどこに置くのか・テーブルはどこにおくのか?ベッドはどこに置くのか?

 

などしっかりとイメージすることが大切です。

 

また、部屋がおしゃれだからという理由で物件を選んだ場合「周辺環境」にコンビニ・スーパー・駅・バス停などがなくてあとあと後悔したというケースもあるので、部屋がおしゃれなのは良いことですが周辺環境にも十分気をつけて物件選びをすると失敗は少なくなるはずです。

ちなみに物件の駅徒歩〇分と書いてあるのは分速80mを基準に計算されています。

また、コンビニやスーパー、銀行などはできれば600m圏内にあると遠いなといように感じなくて済むと思います。

それと、バス停についてですがその物件のバス停は何分おきにバスが来ているのかもしっかりとチェックをしておきましょう。

 

家賃が高いけど気に入ったからというときの失敗談

物件選びで、不動産会社にいくと予算をちょっと超えるけど良い部屋があるのでと紹介される場合があります。

 

で、実際見てみると周辺環境・部屋共にめっちゃいい物件(部屋)ということがあります。

 

多くの方がここで、「3000円高いだけだから」、「5000円高いだけだから頑張ればなんとかなるとその時の自分に言い聞かせ決めてしまったときのパターンですw

 

親にいくらか仕送りをもらっている人であればいいですが、すべて自分でどうにかしないといけない人の場合は「負担が大きくてヤバイ」となる可能性が大です。

 

多少ならどうにかなると楽観的な人も中にはいますが、冷静になって判断することが大切です。

自分の収入に無理のない範囲で物件選びをすることを忘れないようにしましょう。

家賃はできれば収入の30%以内に抑えておくとそこまでの負担にならなくて済むと思います。

また、部屋選びの際は家賃がいくらなのかということも大切ですが、最初の初期費用がいくらなのかということもしっかりと把握しておくことが大切です。

 

【現大家の元賃貸営業マンが語る】理想の部屋探しのベストな時期とコツ!!

 

スポンサーリンク

一人暮らしやファミリーの部屋探しでチェックしておきたいポイント

部屋探しで失敗しないポイントはじっくりと下見をすることが大切です。間取り図と実際に見た部屋では想像した以上にイメージが違ったとなる場合があります。

 

部屋探しはあなたの住まいとなる場所なので「家賃」が安いからここに決めたや、写真で外観、内観がキレイそうだからここに決めたというふうに決めると必ず失敗します。

 

いくらキレイで間取り図で広そうだと思っても、実際「蓋」をあけると思った以上に狭いと言うことも考えられます。(うまい人が撮影していると狭い部屋もかなり広く見えることもありますw)

 

部屋探しをする場合は下見を必ずするようにしましょう。

賃貸の営業マンからここはすぐに満室になる人気の部屋なので間取り図だけで決めるしかないと言われた場合もあるかもしれませんが「絶対」に内覧するようにしましょう。

 

それでは、早速物件探しのチェックしておくべきポイントを紹介していきます。

 

物件選び(部屋探し)で持っていくと便利なもの

部屋探しに行く際に必ず持っていくもの
  • ボールペンもしくはシャーペン
  • メジャー

 

この2つはもっていくようにしてください。内覧する際に必要になってきます。(おそらく営業マンの方が持っていると思いますが一応)

 

また、内覧に行く際は営業マンの方に「周辺の地図」をもらっておくと周辺にコンビニはあるのか?スーパーはあるのか?銀行はあるのか?またどれくらいの距離なのかなど把握しやすくなるので事前に伝えておくと重宝するはずです。

 

そして、気に入った物件があった場合は帰りに物件から銀行やスーパー、コンビニの前を通ってもらうようにしどれくらいはなれているのか、行きやすい通りにあるのかなど詳しく知ることが大切だと思います。

 

物件選び(内覧)の前に準備しておくといいもの

部屋探しのまえに準備しておくといいものとして

  • 事前に持っていく予定の家具・家電の採寸をしておく

仮に新しい賃貸物件へ引っ越した際に持っていく家具・家電の採寸をしておくいいですね。そうすることで、気に入った物件を内覧中に持ってくる予定の家具・家電はしっかりと収まるのかを確認することができるはずです。

 

物件選びの内覧時にチェックするポイント

外観のチェックするポイント

  • エントランスはしっかり清掃されているか
  • ゴミ置き場は清掃されているか
  • ゴミが散乱していないか
  • ポストが壊れていないか
  • 裏口の扉などあまり目が届かない場所にも目を配りましょう
  • 騒音がでるものが近くないか確認する

室内のチェックするポイント

  • 玄関・各部屋の扉の建付け
  • 日当たりはどうか・時間帯別の日当たり具合(方角など)
  • 各部屋ごとにコンセント・テレビ端子・電話端子の位置と数
  • 壁と床に目立つキズや汚れがないか
  • 収納(クローゼット・靴箱など)の広さと数と今の部屋と比べて使いやすいかどうか
  • 窓や網戸が壊れていないか
  • ベランダはしっかりと清掃されているか
  • 物干し竿がおけるようになっているか
  • ベランダの金属部分な腐食していないか
  • 部屋の広さと天井の高さは圧迫感がないか
  • 1階であればベランダから侵入されにくいようになっているか
  • コンロのタイプ
  • キッチン部分の収納はどれくらいか
  • インターホンはこわれていないか
  • お風呂の設備も壊れていないかチェック(換気扇など)
  • エアコンもついているのであればしっかりと作動するか確認

このあたりをしっかりとチェックしておけば安心かと思います

しかし、女性であれば防犯対策もチェックしておきたいところです。

  • ベランダから侵入されないかもしくは覗かれやすくないか
  • お風呂場も窓があれば覗かれないか覗かれる可能性はないか
  • オートロックは必須
  • 防犯カメラはついていてしっかり録画されているのか(管理人までチェックしてもらう)
  • 女性が多いマンションなのか
  • 夜マンションの前の道は暗すぎないか

などにもしっかりと目を配っておきましょう。

 

周辺環境はどんなものがあるのかをしっかりとチェック

一人暮らしをされる方、家族で住む家を探している方によって近くにあると便利な周辺環境は多少変わってきます。

ですが、ある程度似てもいると思いますので物件選びの際は周辺環境のチェックも忘れないようにしましょう。

  • コンビニはどれくらいの距離にあるのか
  • 銀行は近くにあるのか?
  • スーパーは近くにあるのか?
  • 電車を利用するのであれば徒歩何分くらいなのか?
  • バスを利用するのであればバス停はどれくらいで、どれくらいの本数があるのか?
  • 郵便局は近くにあるのか?
  • 家族の方であれば幼稚園や保育園は近くにあるのか?
  • 学校はどれくらいの距離にあるのか?

などをしっかりと担当者に確認するといいと思います。

部屋探しをする際に駅まで徒歩〇分と書いてあるのは「分速=80m」で計算されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

物件選びをする時は、他の方の失敗談を知っておくことで抑止力となったり自分はこんな失敗を犯さないでおこうとなるはずです。

また、外観のチェックポイントや室内のチェックポイントなどを知っておくことで満足できる部屋選びをスムーズに行うことができるはずです。

毎年1月の終わりから2月・3月にかけては多くの方が物件選びを始めどんどん人気の部屋は埋まっていきます。ですので、その前に大切なポイントを知っておくとあとあと後悔しない部屋選びをできると思いますのでこれから物件選びをされる方は是非参考にされてください。

 

賃貸物件を探している人におすすめの記事

 

あなたにおすすめの記事