賃貸

元賃貸営業マンで現役大家が教える物件探しで後悔しない10のコツ!!

今回は、物件探しをする時のコツやポイントなるものを紹介したいと思います。

人によって、理想的な物件というものは違うと思います。

しかし、理想的な物件をイメージせずに物件を探してしまうとあとあと後悔するポイントが出てきたり、失敗したなと感じて契約が2年にも関わらず1年でほどで退去して無駄な違約金を払う羽目になりかねません。

そんな後悔・失敗をしないためにもあなたが物件(部屋)探しでどこを重要視するのかをあらかじめ自分で知るために物件(部屋)探しで重要なコツを解説していきたいと思います。

満足のいく物件探しできるよう是非参考にされてください。

物件(部屋)探しのコツ

物件(部屋)探しをするために不動産屋さんへ行き部屋を案内してもらうと思いますが、みなさんはどんなところを重要視されていますか?

「日当たり?(南向きなど)」

「駅近?(交通の便が良い)」

「コンビニや銀行がある?」

「ワンルームだけど広めの部屋!?」

「セキュリティ対策が万全の物件?」

みなさんそれぞれで利用の部屋というものはきっとイメージはしてると思いますが、物件を探す前にはやはりどんな物件(部屋)が自分の理想かな?という点はしっかりと考えておきたいものです。

ですので、今回紹介している内容であなたはどこを一番重要視するのかを頭の中で考えながら読んでいただければと思います。

これから紹介する物件探しの10のコツでは、物件探しを行う上でここは重要な部分というものを解説しています。

ー追記ー

+2つ物件探しのコツを追加しました。

今回は、あなたにあった物件探しをするためのコツやポイントとなるものを紹介していきますので是非物件探しの前に参考にしてもらいたいと思います。

 

日当たりは良好か

 

これは、当たり前といえば当たり前ですが日当たりはいいにこしたことはありません。しかし、内覧した物件がいくら「南向き」でも必ずしも日当たりがいいとは限りません。これは、間取りや地図では全くわからないので内覧するか、不動産屋の方に直接その物件の情報を聞くしかありません。

 

南向きだからといって絶対に日当たりがいいわけではない理由として「周りに高い建物」があって日が当たらないといったものです。気になった物件は必ず自分で見るという意識をもちましょう。

 

騒音の原因になるものはないか

ここも静かな生活を送るうえで重要なポイントになるのではないでしょうか。

 

騒音の原因になるものはいたるところにあったりします。

例えば、大通りの近くの物件であれば車通りや人通りが多くそれが原因でうるさく感じる場合もあると思いますし、物件の近くで工事(工事期間は確認しておきましょう)があっていれば騒音は発生します。また、線路の近くにある物件であれば電車の音は相当うるさく感じると思います。(音を軽減する窓になっているかなど、担当者に大家さんに確認してもらいましょう)

 

この「騒音」も実際に部屋を見てみないとわからないポイントになります。

まずは部屋をみて騒音の原因になるものがないかしっかりとみましょう

できれば隣人となる人はどんな人かもチェックすることで賃貸後のトラブルを回避できると思いますので要チェックです。

 

部屋の広さ

賃貸物件を探されているとき部屋の写真もあるので必ず見ていると思います。

しかし、写真だけで部屋を決めてしまうとあとで後悔する可能性が高いです。

ここもしっかり現地へいき自分の目で確認するようにしましょう。(部屋が確認できない場合は平米数で確認すること)

 

例えば、「1K」の間取りの物件があったとします。そして広さが「8畳」と書いていた場合、メインの部屋の広さが「6畳」ドアを挟んだキッチン側で「2畳」だったりする可能性もあるんです。ということは、部屋へいくと狭く感じる可能性もあります。

 

逆に天井が高い部屋であれば畳数がせまくても広く感じることもあると思います。なので、部屋をみることが大切なんです。

 

一人暮らしであれば最低でも1R1Kであれば最低でも「25㎡以上」の部屋を選ぶと結構広く感じます。23㎡を切る部屋はあまりおすすめできません。マジで狭いですw

部屋の広さが一番重要と感じるのであれば25㎡以上をせめて選ぶようにしましょう。

1LDKであれば最低でも「30㎡」あるところを選ぶといいでしょう。

2LDKであれば60以上あるといいですね!

 

部屋からの眺望はいいか

 

僕の場合はこのポイントも多少きになります。やはり休みの時はゆっくりしたいですし景色がいいだけで落ち着きます。

 

個人差はあると思いますが、眺望がいいということはある程度のプライバシーが守られやすいということにもつながります。

逆に目の前でなくても近くに同じくらいの建物があれば日中でもカーテンを閉めておかないとみられるかもと感じる場合もあるかもしれません。

現地に行ったらバルコニーから周りを見渡してみるといいでしょう。この時に洗濯物も干しやすいかもチェックしておくといいですね。(特に女性)

 

クローゼットなど収納はしっかりあるか

 

こちらも非常に重要な部屋選びのポイントになると思います。

クローゼットがあっても狭く使いづらいクローゼットであればよくありませんし、「高さ」や「奥行」をみつつ物の出し入れはしやすいかなどを考えながら確認するといいと思います。

 

また、玄関にシューズボックス靴箱)はあるのか、シューズボックスの大きさも確認しておきましょう。

女性であれば何足も持っていると思いますし何足も入るシューズボックスがあればある程度の靴であれば収納が可能になります。そのほかには、シューズボックスがあれば友達が家に遊びに来た時も玄関が靴で埋まらなくなるのですっきりしますよ。

 

それと、水回りの収納スペースはしっかりあるのかも確認しましょう。キッチンや洗面台やお風呂などではコップやフライパン、箸、歯ブラシやシャンプーなど様々なものを置く場所でもあるので何を置くかをイメージしながら確認することが大切です。

スポンサーリンク

コンセントやテレビコンセントの位置を確認する

ここも重要なポイントです。

 

間取りは非常に使い勝手がよかったとしてもコンセントが使いやすい場所にあるかないかで大きく変わってくると思います。例えば、コンセントが変な位置にあるとタコ足配線だらけになり見栄えも悪く歩きづらい部屋になってしまう可能性も考えられます。

 

間取りはもちろんコンセントの位置を自分の目で見て使いやすいか確認してください。

 

また、不動産屋さんで部屋を使うときのイメージをうまくさせてくれる方は経験豊富で信用できる方でもあると思うのでそのあたりも注目しておくといいかもしれませんね。

 

設備をしっかり確認する

部屋によって設備(エアコンやコンロ、照明器具、インターホンなど)がついている物件もあると思います。しかし、なかには壊れている場合もあるのでご自分の目でしっかり確認し、壊れている場合は不動産屋さんにいって大家さんに修理してもらうか交換してもらいましょう。

 

それと、最近の物件ではほとんど備え付けられていますが「追い炊き機能」がついているかも確認しましょう。寒い時期に、この機能があるかないかで便利さが全く変わってきますのでできればついている物件のほうがGood♪

 

また、インターネットをよく利用される方であれば「高速通信設備(光ファイバー)」があるのかも確認しておきましょう。自分で申し込むとなんだかんだで数万円がかかってしまう場合もありますし利用できるまでかなりの期間があります。

最初から導入されている物件であれば簡単に契約しネットに接続することができます。

 

地震に強い物件かどうか確認する

2016年は、地震が熊本でおこり多くの被害をだしました。また、先日は鳥取で地震が発生し300件以上の物件が損壊したそうです。

 

そんな頻発する地震に強いのかも部屋選びで重要なポイントになると思います。

 

地震に強い物件なのかを知るには、新耐震基準が導入された1981年6月1日以降に建てられた物件かどうか、また1981年6月1日以前の物件なら耐震補強工事が行われているかを確認することが大切です。検査を受けた物件で、「耐震等級2」もしくは「耐震等級3」と認定されていれば安心できます。

 

このポイントは非常に重要なポイントであるので、できれば部屋選びでは、1981年6月1日以降の物件を選びましょう

 

セキュリティ面もチェックする

 

セキュリティ面もしっかり確認しましょう。

女性の場合であれば、オートロックがついているか、また2階以上の部屋にするなど少しでも防犯対策で強い部屋を選びましょう。(1階でも覗かれにくい造りになっていればOK)

また、管理人さんはいるか防犯カメラ(録画されているものなのかもチェック)はあるかなど確認しておきましょう。

ここで紹介したものは絶対に必要というわけではないですがあったら安心できる設備になると思いますので参考にしてみてください。

 

お風呂とトイレは別々の物件を選ぶ

これを忘れていましたが、できればおすすめはお風呂とトイレは別々の物件を選びましょう。

 

気にしないのであればそれでもいいのですが、湿気でカビが発生しやすく掃除が大変というデメリットもありますし、何かと使いづらいです。

 

それと、ユニットバス(UB)はトイレとお風呂が一緒になっているものではありません。

ユニットバスとは、工場などで予め防水性の高い素材を用いて天井・浴槽・床・壁などを成型しておき、現場に搬入した後にそれらを組み立てる浴室のことである

引用:ウィキペディア

 

周辺環境はあなたが利用する施設などが近くにあるか?

周辺環境はとても重要です。

仕事に行くときに電車を利用している方であればせめて徒歩10分圏内にあるのか?etc(福岡の場合)

駅と物件の間にスーパーやコンビニ・銀行・ジム・公園など自分が良く利用する施設が近くにあるのかもしっかりと確認しておきたいものです。

物件を案内してもらう際は、物件まで案内してもらうことはもちろん周辺環境はなにがあるのかも確認できるよう地図をもらい、またその施設の前も車で通ってどれくらい離れているのかもチェックできるといいですね。

 

夜は人通りが多い道の通りに物件があるか?(特に女性)

物件の内覧をする時は、ほとんどが昼間だと思います。

昼間であれば、車通り・人通りが多い道でも、夜はガラッと変わる可能性も考えられます。

ですので、物件を見る際は昼間はどうなのかということもあわせて、夜の車通り・人通りもチェックすると安心かと思います。

また、街灯があって明るくなっているかもチェックしてください。昼間にしかこれない場合は、営業の方に夜の様子を写真で送って貰うなどすると判断材料にはなるかと思います。

 

福岡の部屋探しで10のポイントまとめ

特に初めて物件探しをされる方は、ワクワクしてついつい勢いで部屋を決めがちになります。

壁紙がおしゃれだから、デザイナーズ物件風にリノベーション(リフォーム)されていたからなどなどついつい勢いで決めてしまいそうになる要素はいくらでもあります。

ですが、物件を探して住むと決めた場合、家賃もかかってきます。

いくら気に入ったからと言って予算以上の物件に住むのはあとあと後悔する原因になるのでじっくりと物件探しをされることをおすすめします。

物件探しをする際は、周辺環境が整っていて・使いやすい設備間取り・家賃が安いに限ると思うので是非理想のお部屋探しでいい物件と巡り合えればと思います。

それではおさらいです。

  • 日当たりは良好か
  • 騒音の原因になるものはないか
  • 部屋の広さ
  • 部屋からの眺望はいいか
  • クローゼットなど収納はしっかりあるか
  • コンセントの位置を確認する
  • 設備をしっかり確認する
  • 地震に強い物件かどうか確認する
  • セキュリティ面もチェックする
  • お風呂とトイレは別々の物件を選ぶ
  • よく利用するであろう施設が周辺にあるか?
  • 夜の車通り・人通りもできるだけチェックする(街頭もチェック)

以上が物件探しをするときのコツでした。

これから、物件探しをされる方も多いと思いますので、これから物件探しをされる方は是非参考にしてみて下さい。

 

賃貸に関するおすすめ記事

【iPhone】部屋探しに使える便利なおすすめアプリ8選

福岡で家賃が安く便利で一人暮らしするならおすすめの地域はどこ?

暮らしを快適にする便利なインテリア収納の計画のポイント

【プロ直伝】物件選びで後悔しないためのチェックポイントと失敗談

インテリアを豊かに演出する照明の選び方

インテリアを豊かにするカーテンの選び方とポイント

福岡で一人暮らしする時にかかる初期費用はいくら?

【現大家の元賃貸営業マンが語る】理想の部屋探しのベストな時期とコツ!!