賃貸

福岡で一人暮らしする時にかかる初期費用はいくら?

福岡で一人暮らしする時にかかる初期費用はいくら?

今回は、現大家で元賃貸営業マンだった私が福岡で一人暮らしする時の部屋探しでかかる初期費用はいくらかかるのかについて詳しく紹介していきます。

一人暮らしするときはできるだけ初期費用はおさえたいものですが、およそどれくらいかかるのか知っておくことでこれから福岡で部屋探しをしやすくなると思いますので、是非参考にしてもらいたいと思います。

また、一人暮らしする際にかかる初期費用をなるべく抑える方法についても紹介してます。

最後まで読んでいただければと思います。

 

忙しい方は目次から気になる部分をクリックしてください↓↓

福岡で一人暮らしする際にかかる初期費用いくらなのか

部屋を借りる際に必ずかかる不動産屋さんでの初期費用(仲介手数料や保険代)ですが、一人暮らしする際にかかるお金はこれだけではありません。

家具家電など生活するうえで必要な家電なども揃えなければいけませんし、荷物を今住んでいる自宅から持っていく際に業者に依頼するのであれば引越し費用もかかってきます。

家賃4万円の部屋で一人暮らしを始めることを考えてもすべて合わせて最低でも最初に25万円以上は資金が必要になってくると考えられます。(初期費用を含めて)

最近では敷金礼金0円の物件も増えてきました新築の物件や築浅の物件を借りる際はどうしても敷金礼金はかかってきます。

では、次に部屋を借りる際にかかってくる初期費用の内訳をみてみましょう。

 

部屋に入居する前に不動産屋さんでかかる初期費用内訳

部屋を借りる時に不動産屋さんで支払う初期費用について詳しく紹介していきます。不動産屋さんによって内訳が違ったりする場合もありますが、基本的にかかる費用を紹介しています。

 

敷金 家賃の0ヵ月分~3ヵ月分を最初に納めます。

基本的に敷金は部屋を退去する際に、汚した場合や破損させた場合の担保になり、何も問題がなければ返ってくるお金になります。

礼金 家賃の0ヵ月分~3ヵ月分を最初に納めます。

敷金と違い、礼金は返ってきません。
言葉の通り、マンションなどのオーナーに部屋を借りるための謝礼として払うお金になります。

仲介  手数料 家賃の「1ヵ月分」。部屋を借りたときに契約手数料として不動産屋さんに支払うお金になります。
保険代 4000円~2万円程。

万が一火災や漏水を起こしてしまった場合の損害賠償と自分の家財を守る保険になります。

必ず入るように言われる保険です。

鍵交換代 鍵シリンダーの交換代になります。

だいたい1万~2万円程かかります。基本的には入居時にかかってきます。
(高いところでは25000円以上とっているところもありますね”(-“”-)”)

保証会社 敷金が礼金が0円や連帯保証人がいない場合などかかってくるお金です。

家賃総額のおよそ30%~80%程度かかってきます。

保証料は不動産屋さんに事前に確認しておきましょう。

 前家賃 入居可能日から 次の家賃支払い日までのぶんを日割りで支払うお金になります。

 

上記の表の金額を見積もると家賃4万円の物件で考えた場合でも、一人暮らしの不動産屋さんでの初期費用は「最安で6万円、最大で約34万円程」となってくると考えられます。しかし、最安6万円と書きましたがほとんどこの金額で納得できる物件を見つけることは難しいと思います。この他に最近では契約時に部屋のクリーニング代なども初期費用に含まれて請求される場合もあるので事前に確認しておきましょう。

あくまで部屋を借りるだけの金額なのでここから通常家具家電や引越し代もかかってくるようになるので部屋を借りる費用はできるだけ抑えたいものです。

 

初期費用を抑えるポイント

初期費用をできるだけ抑えるポイントは、敷金礼金0円の物件をまずは狙うことです。

ココを狙うか狙わないかで最低でも8万円程は抑えられる計算になります。(敷金1か月・礼金1ヵ月の場合と考えて)

この部分を抑えるだけでも家賃数ヵ月分はカットできるので敷金礼金0円物件を探してみましょう。クリーニング代(退去時の部屋の清掃費)も退去時に支払えないか聞いてみるのもありです。

 

【現大家の元賃貸営業マンが語る】理想の部屋探しのベストな時期とコツ!!

 

一人暮らしの引越し代はいくらかかるの?

引っ越しする場合は2つのパターンが考えられます。

  • 引越し業者に依頼する3万円から6万円程(荷物や距離によって変動あり)
  • 自分で引越しする(自車の場合はガソリン代、レンタカーの場合はレンタカー代とガソリン代)

 

引越し業者に依頼する場合

引越し業者に依頼する場合は、荷物などによっても金額が変わりますが大体最安で3万円~6万円くらいだと考えておいていいと思います。

一括で見積もりができるサービスがありますので気になる方は一括見積で金額を事前に確認しておきましょう。

福岡での引越し費用を最大50%OFFにする方法

 

自分で引越しする場合

荷物が少なければ自分で引越しするのもありです。僕の友人にも自分の車で引越しする方もいましたので費用を抑えるならやはり自分で引越しするのが一番です。

ただし、荷物が多い場合はレンタカーを借りることになると思いますのでレンタカー代とガソリン代を考えればOKだと思います。

2tトラックを6時間借りた場合で約1万円でガソリン代は走った距離によると思いますが、往復60キロ走ってもだいたい3000円ほどで済むと思います。

福岡市の最安レンタカー比較サービス

引越し費用を抑えるポイント

やはり引越し費用はできるだけ可能であれば抑えたいものです。もし、今住んでいる場所から引越し先が近ければ自分で引越し作業はやったほうがいいでしょう。

しかし、距離が離れている場合や荷物が多い場合は引越し業者の方に依頼するのが時間も手間もかからないと思いますので予算に合わせて決めましょう。

また、引越し業者を競わせるのも費用をできるだけ抑えるポイントになってきます。一括見積した後にあの会社はいくらって言われたんだけどといってみるだけで安くなることもあります。

引越しの裏ワザ21連発!料金を安くする方法や梱包のコツは?

 

スポンサーリンク

家具家電を揃えるといくらかかる?

家具家電もあなた次第になってきます。

今住んでいる家で利用している家電や家具を持っていけばそれだけ安くすませることができます。

ただ、はじめて一人暮らしする方は何があったら便利かわからないと思いますので、絶対に必要な家具家電を紹介しておきます。

 

基本的に必要な家電と大体の価格

テレビ 2万円~
冷蔵庫 2万円~
電子レンジ 1万円以下
炊飯器 1万円以下
掃除機 1万円以下
洗濯機 2万5000~
照明器具 4000円~
IHコンロ(ガスコンロ) 4000円~

部屋によってはサービスでついている部屋もあるので何が足りないかを事前に確認しておきましょう。一人暮らしの部屋の場合はエアコンはほとんどサービスでついていると思いますので心配な方はエアコンも確認しておいてください。

また、家電の値段などはざっとで紹介していますが、人によってはこの家電や家具にはこだわりたいと思っている人もいるとおもうので、その場合はさらに金額もあがります。

 

必要な家具など

テーブルや椅子(ソファー)
食器(箸なども)や調理器具
布団又はベッド
掃除道具(お風呂とトイレ用、食器用)
たこ足配線などその他

入居する前に自分に何が必要かしっかりと考えてチェック表を作っておくといいかもしれません。

 

家具家電を安く手に入れるポイント

初めての一人暮らしの場合家具家電もできれば安く抑えたいですよね。最初はリサイクルショップなどで家具家電をそろえると一番安くそろえることができると思います。

また、一人暮らしをしている友人にいらないものはないかを聞いたりどこで家具家電を揃えたか聞いてみるとお得に手に入れることができるかもしれません。

現在住んでいる家からできるだけ持っていけば無駄な家電や家具を購入する手間やお金を削減できるのであまりお金をかけたくないという方はできるだけ現在住んでいる家から物をもっていくようにするといいと思います。

楽天などのネットショップで購入するのも1つの手だと思いますし、ネットで安くおしゃれなものが売っている場合もあります。

新品でできればそろえたい方は、家電屋さんで下見をしたあとにネットショップで同じものを安く購入するという方法もあるので自分にあった方法で家具家電を見つけてみてください。


楽天以外にもAmazonと比較したり価格ドットコムで最安の家具家電を見るけることができるので是非一人暮らしの際は探してみてください。

 

一人暮らしで毎月必要な費用(生活費含む)はいくらくらい?

なんといってもここが一番重要かもしれません。

毎月毎月かかってくるお金なので、一人暮らしする前に毎月いくらで生活可能なのか知っておくことが大切です。すでに一人暮らしをしている友人や知人に毎月いくらくらいで生活できているか聞いてみるといいと思います。

ここでは、毎月いくらの出費が考えられるか表にしてみました。

 

一人暮らしで毎月かかる費用

家賃  4万円 毎月、必ず支払う部屋代です。
食費  2万円 生活するうえで必要な食事代です。できるだけ自炊を心がけましょう。
通信費 1万円 携帯代やインターネット代です。できるだけここも節約しましょう。
光熱費 1万円 電気代、ガス代、水道代です。冬や夏場はできるだけ抑えるように意識しましょう
交際費 1万円 友人との食事や彼氏彼女のデート代にかかるお金です。
その他 5千円 生活に必要な日用品などにかかるお金になります。
遊び代 1万円 洋服など自分の趣味などにかかるお金です。

ざっとの計算になりますが最低でも10万円は毎月一人暮らしには必要なお金になってくると思います。この辺りをしっかり頭に入れて置き一人暮らしをすると無理なく生活できるのではないでしょうか。

 

一人暮らしをする上での大切なポイント

一人暮らしでは誰も文句を言ってくる人はいません。そう、自由だということです。

しかし、自由すぎると生活で無駄なものにお金を使いやすくなってしまうので、将来のためにも貯金を少しでも意識すると後々自分のためになってくるので頭の片隅においておくといいと思います。

また、通信費は毎月のスマホ代と自宅である部屋でインターネットを使用するためのネット代に大きく分けられます。

もし、スマホ代のネット利用で毎月制限がかかって困っているという方は、自宅はもちろん外でも自分専用のWiFi環境を持てるポケットWiFiの利用を検討してみるといいかもしれません。

毎月3000円ちょっとでポケットWiFiを利用することが可能ですのでこちらの記事を是非参考にしてみてください。

≫≫【厳選】使い放題可能なおすすめポケットWiFiまとめ

ちなみにポケットWiFiであれば工事不要ですので、自宅に届いてからすぐに自分専用のネット環境を利用することができます。

 

福岡で一人暮らしするときにかかる初期費用まとめ

部屋を借りる際にかかる初期費用は

だいたい「最安6万円最大35万円程」の初期費用がかかってくる

 

一人暮らしの引越しにかかる費用は

業者に依頼した場合「3万円6万円」はかかってくる(荷物や距離による)
自分で引越しができれば一番安く済む

 

家具家電は、できるだけ今使っているものを使うと費用は抑えることができる
購入する場合は、リサイクルショップやネットショップをうまく利用する(友人にもらうのもあり)

 

毎月かかる一人暮らし費用

「最低でも10万円は必要」

 

以上が、福岡で一人暮らしするときにかかる初期費用はいくら?でした。是非、福岡で一人暮らしを考えられている場合は参考にしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

 

その他おすすめ関連記事

家を購入したけど離婚が原因で売却を検討している人におすすめの記事

不動産アドバイザーが優しく教える!不動産査定~売却までの方法

【最新完全版】プロが教える不動産一括査定サイト比較ランキング!