不動産購入

【中古住宅】購入前の優良物件を見分ける内覧時のチェックポイントまとめ

【中古住宅】購入前の優良物件を見分ける内覧時のチェックポイントまとめ

中古住宅である家やマンションの購入を検討している人は多いと思います。

しかし、中古住宅は、物件によって築年数や設備など全くかわってきますし、住んでいる人によってもメンテナンスされているのかされていないのかなど様々です。

しかし、優良な中古物件を見つけられれば、新築の戸建てやマンションよりもお金を節約することができ、自分たちが考えている理想の家やマンションにすることが可能になります。

そこで、今回は中古住宅(家やマンション)を内覧する際にチェックしておきたいポイントを徹底的に解説していきます。

内覧する時は、ここで紹介するチェックポイントをチェックして優良物件を探し出していきましょう!!

中古住宅の内覧では冷静に見極めることが大事

特に初めて購入するかもしれない物件を見に行く際は、ついつい舞い上がってしまう方達が多くいらっしゃいます。

少しでも自分の理想とするデザインや家具などがあるだけでココに決めたという方も実は多くいますがそういう方はもれなく後悔や失敗したとなる可能性が高いです。

そのように物件の購入後に、失敗・後悔しないためにも中古住宅を内覧する際のチェックポイントを詳しく紹介しておきたいと思います。

内覧する際は是非このポイントをじっくりとチェックしていきましょう!

この記事では、中古マンション中古戸建て両方でチェックするべきポイントを紹介していきます。

 

中古住宅(戸建て・マンション)の内覧時のチェックポイント

中古住宅を購入する際に絶対やっておきたいのが建物チェックです。

ここで紹介するチェックポイントのリストは、「いくつ当てはまらなかったら大丈夫」というものではありません。

あくまで中古住宅の仕様や状態を把握するための目安になり、あなたがその家やマンションに住んだ場合の気になるチェック項目があるのであればチェック項目を増やしてどんどん活用していってもらえたらと思います。

持っておくと便利な物

メジャーなどをもっておくと便利です。

また今は便利なアプリなどがあるのでスマホをお持ちの方はコチラの記事を参考にアプリをインストールされてみてください。

【iPhone】部屋探しに使える便利なおすすめアプリ8選

それでは、中古住宅の重要なチェックポイントを紹介していきます!

中古の戸建てでチェックしたいポイントリスト

 

・建築基準を調べる

一番重要な構造の安全性は建築確認がなされた年月日を確認することです。

□1981年(昭和58年)6月1日以前=旧耐震物件に該当します

□2002年(平成14年)6月1日以前=新耐震物件ではあるがその後の改正に未対応

国土交通省が解説している耐震についての記事

・外回りを確認する

耐震性が低く地震の際に損傷が大きくなる可能性がある

□1階に駐車場や店舗がある(壁のない独立柱がある。壁が少ない)

建物の劣化や不具合により、構造安全性や耐久性に支障をきたしている可能性がある

□基礎コンクリートに幅0.5mm以上ひび割れがないか

□基礎コンクリートに幅0.5mm以下だが多数のひび割れがないか

□外壁に幅0.5mm以上ひび割れがないか

□外壁に隙間がないか

□雨どいに草が生えいないか(雨漏りの原因となるため)

雨漏りの可能性があるか確認する

□外壁に変色している個所やシミがないか

ひさし(小型の雨よけ)や(のき)の裏側、先端が変色または腐っていないか

給排水設備などの劣化や不具合の可能性を確認する

□基礎コンクリート部分シミ変色がないか確認する

 

・中古住宅の室内チェック項目

電気容量が現在の一般的な住宅と比べ不足気味

□普段から利用する家電を一度に使うとブレーカーが落ちる

部屋の保温性に問題がある可能性

□窓のサッシの周りから隙間風などが吹いていたりしないか

□結露でカビがでてきていないかもしくは結露がでていないか(冬など)

建物の劣化や不具合によって建物の構造安全性や耐久性に支障をきたしていないかチェック

□壁にひびがないか

□天井にひび割れがないか

給排水設備の劣化や不具合の可能性がないかチェック

□壁にシミや変色がないかチェック

□天井にシミや変色がないかチェック

建物全体が傾斜していないか、地盤沈下していないかをチェック

□床の傾斜が気になる部分はないか

□床が沈む箇所はないか

□各部屋が同じ方向へ傾斜していないか

□ドアや窓などを開閉する際に重く感じたり動作に不良がないかチェック

 

・水回りは特に重要

給排水設備の劣化や不具合の可能性をチェック

□水を出すと赤い水がでてくる(サビが原因)

□洗面台の下をチェックし水漏れがないか

□キッチンの流し台の下に水漏れがないか

□洗濯機置き場の台の下に水漏れで床が腐っていないか

 

・天井裏もできれば確認

天井裏を覗くという経験をされた方は少ないと思いますができれば雨漏りなどの可能性もあるため極力直接覗いてチェックする

□天井にシミがないかチェック

建物の劣化や不具合によって建物の構造安全性や耐久性に支障をきたしている可能性があり

□コンクリート・土・木材などそれぞれの天井の素材でひび割れが起きている

 

・床下もできれば必ずチェックする

雨漏りの可能性がある

□床下が濡れている

給排水管の劣化や不具合の可能性がある

□シミがある

□かび臭い匂いがする

建物全体が傾斜して、地盤沈下している可能性

□床下にひび割れがないか確認する

これ以外にもチェックしておきたい項目があれば是非加えて内覧時のチェックに活用してみてください。

スポンサーリンク

中古マンションでの内覧時にチェックしておきたいポイントリスト

・建築基準を調べる

一番重要な構造の安全性は建築確認がなされた年月日を確認することです。

□1981年(昭和58年)6月1日以前=旧耐震物件に該当します

国土交通省が解説している耐震についての記事

 

・マンションの外回りを確認する

耐震性が低く地震時には大きな損傷が出る可能性がある

□ピロティや壁のない「独立柱」がないか

建物の劣化や不具合により、構造安全性や耐久性に支障をきたしている可能性がある

□外壁や梁・柱などに0.5mm以上ひび割れが目立つ箇所がないか

□外壁や梁・柱などのコンクリートが欠けたり・剥がれている箇所がないか

□外壁のタイルが浮いていたり・剥がれ落ちている箇所がないか

□ひさしやバルコニーの付け根に0.5mm以上ひび割れがないか

 

・マンションの共用スペースの確認しておきたい部分

バリアフリーの対応が十分になされているか

□住棟外部(マンションの外)から1階住戸までのアプローチ部分で大きな段差はないか

□住棟外部(マンションの外)からエレベーターホールまでの段差部分にスロープがあるか

□共用廊下や階段、住棟へのアプローチ部分に補助手すりが設置されているか

□4、5階建てのマンションなのにエレベーターが設置されてあるか

火災などが起こった際に避難が困難になる可能性

□共用廊下の幅1200mm未満もしくは両側に住戸(居住用の部屋)がある場合1600mm未満ではないか

□共用階段の幅900mm未満もしくは避難用階段の場合1200mm未満ではないか

□バルコニー側から隣の部屋もしくは下の部屋に容易に非難することができるか

 

・中古マンションの室内は確認する

バリアフリー対応がなされているかを確認

□玄関の扉の部分やポーチ部分に大きな段差がないか

□浴室やトイレの出入り口部分に大きな段差がないか

給排水設備の劣化や不具合の可能性を確認

□シャワーやトイレの水圧が十分であるか

□洗面台にの下に水漏れ跡がないか

□キッチンの流し台の下に水漏れがないか

□排水管がつまるなどということはないか

建物の遮音性に問題がある可能性

□上の階や隣の部屋のトイレを流す音が聞こえてこないか

□通常の話し声などが聞こえてこないか

電気容量が現在の一般的な住宅と比べ不足気味

□普段から利用する家電を一度に使うとブレーカーが落ちる

部屋の保温性に問題がある可能性

□窓のサッシの周りから隙間風などが吹いていたりしないか

□結露でカビがでてきていないかもしくは結露がでていないか(冬など)

リフォームやリノベーションの際に確認しておきたい仕様について(埋設されている場合は、点検する際も交換する際も容易ではないため)

□給水管がコンクリートの中に埋設されていないか

□排水管がコンクリートの中に埋設されていないか

以上が中古マンションを内覧する際にチェックしておきたいポイントとなります。

このチェックポイントは、安全性などをメインに考えているチェックポイントになりますので、このチェックポイントに追加で、収納(靴や服など)はどれくらいあるのか、設置されているコンロの火力はどうなのか?などあなたが理想とする家のイメージをじっくりと考えて項目を増やしていっていただければと思います。

 

ただし、居住中の中古物件では収納などを見せてほしい場合でも気を使ってしまうという方もいらっしゃると思います。しかし、購入する場合は必ず収納などはチェックさせてもらえるように担当者に相談してみましょう。

このような部分は、あとからやっぱり荷物が入らなかったという場合も考えられますので注意が必要になります。

それと、シロアリのチェックも忘れずに行っておきましょう!

 

戸建ての白アリのチェック項目

白アリの特性としてシロアリは湿気を好みます。

また、シロアリがいると建物の安全性や寿命などに影響してくるため非常に注意が必要です。

□住宅が密集して風通しが悪そうな物件ではないか

□小さな虫の羽が落ちたりしていないか

□床がギシギシきしんだりしないか

□床がブカブカと沈んだりしないか

□水回りの壁にカビが生えていないか

 

などほかにも考えられる可能性はありますが、素人では判断できない部分もあると思いますので不動産会社の担当者にシロアリで考えられる可能性がないか聞くといいでしょう。

 

さらにこちらの内容を知っておくとベストな家の探し方をさらに詳しく知ることができます。

内容は賃貸の物件を探す際の内容になっていますが、購入する際の物件選びの参考に必ずなるので是非参考にしてください。

≫≫【プロ直伝】物件選びで後悔しないためのチェックポイントと失敗談

↑の記事では室内のチェックポイントの部分を参考にしてもらうといいと思います。

 

まとめ

ここまで中古住宅の重要なチェックポイントについて話してきましたがいかがだったでしょうか?

中古の戸建てやマンションによってみるポイントが変わってきたりもするのでこれから購入する予定の物件などを内覧する際はこの内容を是非活用していってもらいたいと思います。

また、リノベーション・リフォームを考えられている方はマンションによっては想定以上に金額が高くなる場合もあるので担当者にリノベーション・リフォームしやすい家なのかも確認してもらうといいと思います。

是非、今回の内容を活用して失敗・後悔のない中古住宅の購入を行ってもらえたらと思います。

 

その他のおススメの記事

住宅取得(購入)等資金の贈与の非課税の条件や非課税限度額・タイミングなど徹底解説

元賃貸営業マンで現役大家が教える物件探しで後悔しない10のコツ!!

不動産売却前後で【後悔しないため】のよくあるトラブルとその対策方法

不動産売買でかかる仲介手数料(消費税)はいくら?50万から3億までの仲介手数料早見表

購入前に知っておきたい!!中古住宅購入後によくあるトラブルと対策まとめ

1年以上も家が売れないと困っている人が参考にすべき対策と3つの手順

あなたにおすすめの記事