不動産売却

【不動産売却の相場の調べ方】初心者でも5分で簡単に調べられる3つの方法

今回は、不動産売却するときに知っておきたい不動産の相場の調べ方について紹介していきます。

不動産売却をおこなうときは、現在所有している不動産がいくらで売れる可能性があるのかを知ることは大切です。売却する方はいくらで売れるんだろう?って気になりますよね!

大切という理由としては、不動産仲介会社に査定を依頼してもその査定価格が安いのか、もしくは高いのかを自分で判断することができないということがあげられるからです。

そして、売却活動をスタートさせるときに売出価格を最終的に自分で決めて不動産仲介会社に販売活動を行ってもらいますが、高すぎであれば売れにくくなりますし、安ければあなたが損をしています。(相場を知ることは最終的な売出価格を決める判断材料にもなります。)

ですので、そうならないためにも事前に不動産売却する前に、現在所有している不動産の相場を把握しておくことは大切だということです。

この記事はこんな人におすすめです
  • 自分が所有している不動産の売れる金額を知ることができる
  • 自分で簡単にできる不動産の相場の調べ方がわかる
  • 相場を知っていることで、自分が所有している不動産の売却金額を高いのか安いのか判断できる
  • 不動産購入時にも利用できるので、購入予定の物件が高いのか安いのか判断しやすくなる

今回は、初めて不動産売却をするという方でも5分もあれば自分の所有している不動産の相場を調べられる方法紹介していますので、是非最後までご覧ください!

1.不動産売却時の相場の調べ方

不動産の価格には5つの種類が存在する

不動産売却での相場を知る前に、不動産の価格には5つの種類があることをまず知っておきましょう!

それが、

実勢価格」「公示地価/基準地価」「相続税評価額」「固定資産税評価額」「鑑定評価額」です。

実勢価格とは

実際の不動産市場で取引される「時価」や「相場」と言われる価格になり、随時変動する価格になります。

基本的に、相場を調べる場合はこの価格を調べることになります。

公示地価/基準地価

国や都道府県が公表している標準値・基準値の価格で「地価」と言われるものです。

相続税評価額

相続税の出すために用いられる土地・建物の評価額になります。

固定資産税評価額とは

固定資産税を出すために用いられる土地・建物の評価額になります。

鑑定評価額とは

不動産鑑定士と呼ばれる職業の方が鑑定評価によって出す価格の事です。

 

不動産の相場を調べるためには、この価格の種類があることを先に知っておくことであなたが探している相場価格はどの方法を利用することで出すことができるのかがわかるようになります。

 

今回は、「所有している不動産の売却する時の相場の調べ方」ですので、【実勢価格】を調べるとあなたが求めている相場を出すことができるようになります。

 

また、あなたが現在所有している不動産の資産価値を知りたい場合は【公示地価/基準地価】もしくは【固定資産税評価額】を調べると良いでしょう!

 

ここからは、初心者でも5分で不動産売却時の相場を調べられる方法について紹介していきます。

 

2.【不動産売却の相場の調べ方】初めての人でも相場を5分で調べる方法

ここからは、不動産売却で現在の所有している不動産がいくらで売れるのか?ということを簡単に初めての人でも調べられるようになる方法を紹介していきます。

 

ただし、正確な相場(価格)を調べることができるわけでなく、あくまで大体の相場(価格)しか調べられないということを理解しておいてください。

 

1つ目【5分でできる相場の調べ方】不動産情報サイトで所有している不動産と似た物件を探す

不動産ポータルサイト「ホームズ

不動産情報サイト「SUUMO

などの、不動産情報サイトなどで、販売されている物件情報をみて相場を調べる方法です。

この方法が最も簡単に相場を調べられる方法と言えます。

 

相場を調べる手順
  1. 不動産情報サイトにアクセスする
  2. 自分の不動産物件がある地域の物件ページに進む
  3. 自分が所有している不動産物件と似た物件を探すだけ

これだけで、ある程度の相場を把握することができます。

 

相場を調べるときの条件としては

  • 最寄り駅・もしくは同じエリア
  • 最寄り駅もしくはバス停までの距離
  • 家の広さ
  • 間取り
  • 築年数

が同じ物件を探すと、ある程度の相場を知ることができるはずです。

ただし、1件だけみるだけでなく、できれば4、5件チェックしてその販売価格の合計を足して件数で割ると平均的な価格が出ると思うのでそのようにチェックしていけば、自分の不動産はだいたいこれくらいの価格で売却できるだろうと予想することができます。

 

2つ目不動産売却の相場は「実勢価格!」簡単に調べられる検索サイト

不動産売却をした「売主」とその不動産を購入した「買主」が売買成立した時の金額が「取引価格」と言いますが、その価格がその時の時価となり、実際に取引される価格を【実勢価格】といいます。

 

実際に取引された価格を調べられる、便利なシステムが存在します。

それが、国土交通省が提供している【土地総合情報システムー不動産取引価格情報検索】というものです。

≫≫国土交通省土地総合情報システム【不動産取引価格情報検索】

 

あなたが住んでいる地域で同じような物件が取引されているかは確認してみなければわかりませんが、もし、おなじような物件が取引されている場合は、「取引日」「取引価格(値段)」「構造」「築年数」など詳しい情報を知ることができます。

この情報を元に相場を把握してもよいかもしれませんね。

 

ただし、1年前2年前の情報の場合は、エリアによっては価値が上がっている・下がっている場合もあるので、現在の相場を知りたい場合は、不動産情報サイトで今売られている物件と比較すると良いと思います。

 

3.正確な売れる金額を知るなら不動産仲介会社に査定を依頼する

そして、相場を把握しても実際はいくらで売れるのか?と非常に気になる方もいるはずです。

 

ですので、具体的な売却できる金額を知りたい場合は不動産一括査定サイト」を利用するのが便利です。

 

不動産一括査定サイトは、一度の入力で複数の不動産仲介会社に査定の依頼を申し込むことができ、実際にあなたの物件はこれくらいで売れますよという金額を提示してもらうことができるからです。

 

特にポイントとしては、1つの不動産仲介会社の査定価格では「相場」はつかむことができないので、最低でも3社以上に査定依頼を申し込むようにしましょう!

 

特に初めて不動産売却での査定依頼を申し込む場合はコチラのサイトが安心です♪

 

不動産売却なら、NTTデータグループ運営の不動産売却査定サイト【HOME4U】

 

4.不動産売買で相場を知ることが大切な理由

相場観を持っていると、「不動産売却」「不動産購入」を行うときに必ず役に立ちます。

 

例えば、実際に売却をおこなうために売却査定を申込み、提示された査定価格が高いのか・安いのか判断することができるようになりますし、売却をスムーズにおこなうために、自分も納得しつつも買主が見つかりやすい価格がわかります。

逆に、不動産購入の時であれば希望エリアの相場が予想よりも高いとわかればエリアを広げたりするなど希望条件の見直しをすることが可能になるからです。

そして、検討している物件は高いのか・相場並みなのか、それともお買い得なのか自分自身である程度判断することができます。相場を把握することは不動産売却・購入では非常に大切なことなので是非相場を調べる方法を身に着けておきましょう。

 

不動産売却に関するおすすめの記事

不動産売却の流れを知りたい方におすすめの記事

≫≫不動産アドバイザーが優しく教える!不動産の査定から売却までの方法

 

不動産売却で高く売るコツを知りたい方におすすめの記事

≫≫不動産アドバイザーが優しく教える!不動産の査定から売却までの方法

 

空き家を所有していて売却を検討している人におすすめの記事

≫≫空き家の賢い売却方法~高く売るには空き家のまま?更地の方が良い?

 

不動産売却するならどこの不動産仲介会社がおすすめなのか知りたい方

≫≫【最新版】不動産売却で評価が高い不動産仲介会社ランキング

 

不動産売却を検討している方におすすめの記事

不動産一括査定サイトを国内で最初に始めた老舗サイト

≫≫【HOME4Uの評判】口コミと実際の売却査定体験談公開中!!

 

不動産ポータルサイト「ホームズ」の不動産一括査定サイト

≫≫HOME’S(ホームズ)の不動産売却一括査定サイトの口コミ・評判まとめ

 

日本の大手不動産会社だけで運営する信頼性が高い不動産一括査定サイト

≫≫不動産査定サイト【すまいValue】の口コミ・評判をプロが徹底解説

 

【比較アリ】不動産一括査定サイトランキングはコチラ

≫≫【最新完全版】プロが教える不動産一括査定サイト比較ランキング!【永久保存版】

 

あなたにおすすめの記事