不動産売却

不動産売却でよく聞く両手仲介とは!?そのデメリットを徹底解説

今回は、不動産売却する際によく耳にする「両手仲介」ですが今回はその両手仲介とはなにか、また反対に「片手仲介」とはなにかなど仲介を依頼する不動産会社に関する情報を紹介していきます。

また、両手仲介はなぜ悪と呼ばれているのかそのデメリットについて詳しく解説していきます。不動産売却の際にきっと役立つ情報なので是非知っておいてもらいたいと思います。

【両手仲介】とは?不動産売却時の仲介する不動産会社の報酬の仕組み

まずは、不動産売却する時の仲介を行う不動産会社の報酬の受け取り方を見ていきましょう。

基本的に仲介会社の報酬受取り方は2種類あります。それが次の通りです。

  1. 買主・売主双方の仲介を1社の会社&担当者が行うこと【両手仲介
  2. 買主・売主のどちらか一方の仲介をすること【片手仲介

 

仲介手数料の豆知識

200万円まで:売買価格の5%+消費税

200万円超400万円まで:売買価格の4%+2万円+消費税

400万円超1000万円まで:売買価格の3%+6万円+消費税

1000万円超:売買価格の3%+6万円+消費税になります。

 

不動産売却【媒介契約とその種類】を徹底解説

 

両手仲介と片手仲介の解説図と仲介手数料の解説

片手仲介】は、仲介する不動産会社が全部で2社になるため「共同仲介」とも呼ばれています

両手仲介】の場合は、買主側と売主側の両方の仲介をするため、仲介手数料が買主側・売主側から入ってくることになります。

 

上記の仲介手数料の豆知識でも紹介しましたが、「仲介手数料」は、通常売買価格に対して【3%+6万円+消費税】が上限額になります。

 

この仲介手数料を割引する不動産会社も増えてきていますが、大手や中堅の不動産会社ではほとんど割引は行っていません。

 

では、今から数字を使って解説していきましょう。

 

:3000万円の物件を売却した場合の仲介手数料は

3000万円×3%+6万円=96万円(消費税別)

 

となります。

この報酬額が高い安いは別にして、不動産を売買する時に不動産会社に仲介に入ってもらう場合は仲介手数料が必要になります。

 

ですので、【両手仲介】の場合は、売主・買主の両方から96万円をもらえる仲介方法になりますし、【片手仲介】は96万円のみしか報酬をもらうことができないということになります。

両手仲介」であれば仲介手数料の合計で192万円、「片手仲介」だと96万円が仲介した不動産会社に入ることになります。

 

売主側の立場の人の場合「自分が支払う仲介手数料は96万円で両手・片手仲介にしろ変わりがないんじゃない?デメリットってあるの?」と思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、これが消費者側(特に売主側)からすれば大きな問題なんです。

不動産会社が「両手仲介」を目指すことは売主側と利益を相反しているためです。簡単に言えば、売主が損をして不動産会社が得をする可能性があるということになりかねない状態になります。

 

私は、両方から貰えるなら割引してよって思っちゃいますけどねw

スポンサーリンク

両手仲介は、なぜ利益相反といわれているのか!?

悪い口コミ

不動産に関する知識が少ない人からすれば、なぜ「両手仲介」が利益相反になるんだろうかと思う方も中には思う方がいるかもしれません。

しかし、まだなぜ悪と呼ばれているのかわかっていない場合はよく読んでもらうことで売却前の役立つ知識になると思います。

その前にまずは、良い点だと思いそうな部分を解説してみます。

1社で取引をすべてまとめているので、話が早くスムーズに何事も行えそうです。また、買主も売主のあなたと同じ不動産仲介会社に頼っているので売主・買主を繋げてくれた仲人のようにも感じる部分があるように思います。

 

不動産仲介会社や担当者も売主・買主両方に目を配りながら取引することになるので、このスタイルに安心感を覚える人も中にはいるかもしれません。

 

このようにメリットと感じる部分があるにもかかわらず、「経済的観点」から、両手仲介は弊害があると多くの方は言います。

 

両手仲介のデメリットとは

  • 売却価格が下がる可能性がある
  • 情報操作する可能性がある
  • 不動産仲介会社が売主・買主の両方に対して真実を隠す可能性が考えられる(囲い込み)

 

不動産仲介会社が自分たちの報酬を2倍(両手)にしようとするとこのようなことが起きる可能性が考えられます。

仲介手数料が2倍になるので、不動産仲介会社としては、営業担当に極力両手仲介を行うように支持する可能性が大いにあります。

また、両手仲介をするために担当者が考えてしまうことは次のようなことになります。

  • 早く売るに越したことはない
  • 早く売るために不動産の売出価格を下げよう!そうすればすぐに決まる
  • 他の不動産会社に決められては困るからなるべく他社には紹介しないでおこう
  • 自社で見つけた買主の申込書を優先しよう(他社が見つけた買主が最も高い金額の提示をしていても売主には伝えない)

全ての不動産仲介会社が行っているというわけではありませんが、このようなことをやっている不動産会社は少なくないといえます。

ちなみに、契約社会であるといわれている不動産取引の成熟国と言われているアメリカでは両手仲介での取引はほぼ存在しないといわれています。

売主が両手仲介を許さないといわれているためです。

ですので、売主にできることはこの両手仲介という現実を理解ししっかりとした売却を可能にしてくれる信頼できる不動産仲介会社&担当者を探すことです。

それが、あなたの所有している不動産を少しでも高く売る方法といえます。

不動産の査定価格の出し方とは?

仲介手数料が紹介している以上にとられていた場合は?

400万円を超える売買価格の場合、「売買価格×3%+6万円+消費税」ですが、これは国土交通大臣が定めている仲介手数料額の上限になります。

この上限を超える仲介手数料を仲介会社が受取るのは違法になります。

ただ、超える金額を提示してくるところはないに等しいですし、最近ではむしろ交渉次第ではこの金額よりも安くなる可能性の方がおおいといえます。

 

仲介での専門用語「あんこ」と「わかれ」とは?

ここでは、こんな言葉もあるよという豆知識的な部分を紹介します。

まずは「あんこ」とはなにか?について紹介します。

売主側の仲介業者と買主側の仲介業者の間に別の仲介業者が存在することがあり、これを「あんこ」もしくは「あんこ業者」などといいます。たとえば、売主から売却の依頼を受けたのが「オール不動産」、買主を見つけたのが「アバウトホーム」で、その間に「平野住宅」が存在すれば、平野住宅が「あんこ」ということです。

引用:不動産仲介のあんことは?

 

あんこの存在があるからと言って、買主・売主に手数料の負担が増えるというわけではないので安心してください。

 

次に「わかれ」について解説します。

わかれは簡単にいうと「片手仲介」と同じことを意味します。

分かれとは、不動産売買の媒介報酬(仲介手数料)の配分を表す不動産業界の用語です。
報酬の配分は、売却を依頼された元付け業者が、買い手を探す客付け業者へ示すケースが一般的です。その際、「分かれ」とあれば、元付け業者は売主から、客付け業者は買主から、それぞれ媒介報酬を受領することになります。

引用:LIFULL HOME`S

 

不動産売却でよく耳にする両手仲介とは?そのデメリットを徹底解説まとめ

今回、【片手仲介】と【両手仲介】について解説してきましたが、あなたはこの2つの仲介について理解していただけたでしょうか?

両手仲介は、やはり売主・買主側にとって正しい売買を行う上では、決していいものではないと私は思っています。(どちらか側(買い主もしくは売主側)に担当者が偏るかたよ
可能性があるからです。)

消費者(一般人)にとって、公正な取引を行うためにもそれぞれに仲介業者は必要だと思います。

不動産を売却するうえで両手仲介】という言葉を知っておいて損はないと思いますので是非、覚えておいてもらえたらと思います。

 

不動産売却に関するおすすめの記事

【HOME4Uの評判】口コミと実際の売却査定体験談公開中!!

私自身が実際に利用した不動産一括査定サイトHOME4U」の体験談記事です。 HOME4Uのメリット・デメリット、そして実際に利用して感じた私自身の体験談やココだけの話を紹介しているので、現在お持ちの家やマンションの売却を考えているのであればぜひ参考に

不動産査定サイト【すまいValue】の口コミ・評判をプロが徹底解説

こちらも私自身が実際に利用した経験がある不動産一括査定サイトすまいvalue」です。 すまいvalueは不動産会社でも日本のトップクラスの会社6社が共同で運営している不動産一括査定サイトになるので、大手の不動産会社に査定を依頼したいと思うのであれば間違いなくおすすめできる不動産一括査定サイトになります。 また、こちらの記事でもココだけでしか紹介できないとっておきの情報も紹介していますので是非参考に♪

不動産アドバイザーが優しく教える!不動産の査定から売却までの方法

現在所有している大切な思い出が詰まった家やマンションを売却する場合、少しでも高くそして大切に住んでくれる人に売却したいと考えていると思います。 この記事では、あなたが所有しているマイホームを高く売る方法について5つのステップで紹介しているので是非参考に♪

【最新完全版】プロが教える不動産一括査定サイト比較ランキング!

マンション相続で引き継いだ土地やマンション・アパートを売却したいと考えている場合どうすれば高く売却することができるのか?ということを調べた時、ネット上では不動産一括査定サイトがすすめられています。 しかし、どの不動産会社一括査定サイトがおすすめなのかよくわからないと感じている人のために今回は、私がおすすめできる不動産一括査定サイトをランキング形式で紹介しています。 不動産一括査定サイトを利用するつもりだけどどれを選んだらいいかわからないという方はぜひ参考に

不動産売却で知っておきたい!!不動産会社の4つの正しい選び方

所有している大切な資産である不動産を売却する場合、少しでも高く売ることは非常に重要ですが、1つだけ高く売るために重要なことがあります。 それが【不動産会社&担当者選び】です。 ここを間違ってしまったばかりにあとあと後悔するような不動産売却になってしまったという方はあとを絶ちません。 そこで、この記事では不動産売却で知っておきたい不動産会社の正しい選び方を紹介します。

イエウールのデメリットは?利用者の口コミ・評判まとめ|家ウール

不動産一括査定サイトの中でも参加している不動産会社数が最大級のサイトが「イエウール」です。 この記事では、イエウールの口コミや評判などを徹底解説しています。もし、不動産一括査定サイトで査定を依頼できる不動産会社が少ないと感じているのであれば、是非一度利用してみましょう!

【最新版】不動産売却で評価が高い不動産仲介会社ランキング

不動産売却の査定の依頼を出す場合、どの会社が信用できるのかすぐに知りたいと思ったことはないでしょうか? この記事では、信頼できる不動産仲介会社はどこなのか・そして、実際にその不動産会社を利用した方の顧客満足度ランキング戸建て売却部門マンション売却部門でそれぞれわかりやすく解説しています。

【スマイスターの評判】口コミなどの「悪評」「しつこい」を徹底検証

不動産一括査定サイトでもかなりの知名度を誇る「スマイスター」の口コミ・評判について徹底的に解説しています。スマイスターと検索すると、「悪評・しつこい」というあまり良くない言葉で検索されています。実績のある運営会社が運営しているにも関わらず、なぜなのでしょうか?この記事では、その実態を詳しく調査してみました。

 

 

あなたにおすすめの記事